ポルトガルの首都リスボンで200年前に生まれた大衆音楽ファドを日本とリスボンで活動するファディスタMACHAKO(浅井雅子)が楽しく紹介します。浅井雅子のウェブサイトはこちら。http://www.machakocanta.com/


by MACHAKO

7月13日(月曜日)四ツ谷マヌエルカーザデファド FADONOVA

こんばんはファド歌手の浅井雅子です。

7月11,12,13と3日間で合計4回のファドライブをしました。
なんて充実していたのでしょう。

最終日13日(月曜)は
マヌエルカーザデファドさんでの

10回目のファドライブ。

ここ1年半で10回のライブを組んでいただきました。
マヌエルさんには感謝がつきません。

この日は満席でした。

ポルトガルに今後住むという予定があるお客様
アルファマに詳しい方
ファドレストランをいろいろ知っている方
などなど

とってもファドに詳しい方々もたくさんいらっしゃっていましたが
FADONOVAの新しい音にみなさんすごくなじんでくださり、

本当に盛り上がって会場が一体となったライブになりました。
お客様がたくさんMCで笑ってくださいまして
感想を丁寧にいただきました。

「マチャコさんのMCはとっても親しみやすくて、本当に飾らない性格がわかるの。
あんまりお上品にやられると、やっぱり退いてしまうので、とっても良かった、そのままでいてね」

わたくし、この感想には、とっても嬉しかったです。

今回、自分が10回キューバにいって
ダンスが踊れる(インストラクターである)ことや、
小物打楽器が得意なこと(演奏中に叩く)も
正直に打ち明けたのですが

ファドが好きだと集まった皆様が
とってもあたたかく受け入れてくださり、
笑顔で楽しんでくださっていました。

帰り際に言われたひとことには

「もっとマチャコさんにはライブで踊ってほしい」

これは11日のサレムさんで言われた感想と同じです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

だんだん自分の目指すファドのスタイルが定まってきています。

自分にしかできないことをしたいです。
他では絶対に見ることも聞くことも
この日本でできないファドライブです。

私の目指すのは
オンリーワンのスタイル。


もちろん古典ファドをずうっと地道に歌えるように少しずつ
研究していますが
やっぱり

「お客様が喜ぶことを第一に考えて」いきたいです。

5月に別のユニットを見てくださった方が
連続でお越しくださり

「メンバーでここまで違うファドに聞こえるんだから、驚きです。
また違うユニットを見に来ます」
とも言ってくださいました。

f0333584_00443210.jpg
木村純さんの美しいギター
嶌田憲二さんの力強くて心地よいベース。

プロフェッショナルを極めた活動をされているお二人の音は
ファド通の方々をうならせておりました。

次回この3人でのFADONOVAは9月1日(火曜日)
マヌエルカーザデファドです。

見逃さないでくださいませ~~~。





[PR]
by machafado | 2015-07-15 01:01 | ライブ報告