人気ブログランキング |

ポルトガルの首都リスボンで200年前に生まれた大衆音楽ファドを日本とリスボンで活動するファディスタMACHAKO(浅井雅子)が楽しく紹介します。浅井雅子のウェブサイトはこちら。http://www.machakocanta.com/


by MACHAKO

大好きなクリスチアーノです。


こんばんは
数いる男性ファディスタの中でも
わたしが特に愛してやまない声の持ち主が
この
「Cristiano de Sousa」氏です。

いつもこの人の声を聴くと思うのは
すべてに

「嘘がない」

という一言。
はあ、、、、
憧れの溜息です。

こういう声を持って生まれたというのは
彼がファド歌手として生きるという運命なのかな、、、、
ところが彼はこれだけの声と実力を持ち
カフェルーゾという素晴らしい店で歌いながら

「ロック歌手」としても活動しています!

そこがまた、私的には広さを感じずにはいられません。。
そんな彼の歌も聞いてみたい!!

わたしがクリスチアーノが大好きなのは、そんな
とっても広い範囲の活動をしているからかもしれないです。

「ファドだけを歌わなきゃファディスタではない」
という意見も
世の中にあると思いますが、
彼ほど立派に夜はファディスタを勤め上げて、
けれどほかの歌の活動にも余裕が持てるというのは
世界が広がって大変に素晴らしいことです。

私の意見としては
「じゃあそちらは、ファドだけをやってて、、、、
クリスチアーノの歌にファドが匹敵するの?」
と言いたいです。。。

クリスチアーノは嘘のない本物の声を持っています。

彼に出会ったのは、実はfacebook!
ところが、偶然に2年前のカフェルーゾで振り向いたら
「マチャコ!!」とそこにクリスチアーノが立っていたのです。

それから初めて聞いた彼のファド。

とにかく声だけではなく
歌っている時の動きも
表情もすばらしく
すべてを持って
観客を魅了します。

後ろにいるギタリストへの愛情ある眼差し
そこに集まった人々への感謝の気持ち。
まったく自分を作り上げたりしない。

今の自分にできるすべてを声にこめて
決して隙を見せずに
聴いているものを感動させる。
天才です。

一緒にいた日本人たちも
「彼は自分を出してる。できることをすべてやってる」
と感動していました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「黒い母」というこの曲ですが、
バックに流れる映像をみてもわかるとおり
おそらくですが、黒人の乳母を歌っていると思います。

後半に
マエンネグラーーー!!!!っと何度も叫ぶのですが、

こういう「張った声を」出した時

なんだか耳にはうるさいなぁとか
なんだかべたーっと聞こえるなぁとか
演じてるな~~って
いう人も多いんですよね。

でも
クリスチアーノはさわやかに歌い上げて
さらに、心に来ます。

私はこういう
きっぱりと歌い切る歌手が好きです。

とても潔い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて。

黒い母。
これはまるで「暗いはしけ」の原曲の
「黒い聖母」と同じような題材なのかもしれません。

ここからちょっと
長くなるのですが、

暗いはしけは
もともとブラジルの楽曲だった
「黒い聖母」を
帰ってこない男を待つ浜辺の女という
まさにファドの歌詞??に書き直したもので、

ブラジルの歌であるならば
歌詞もブラジルの黒い乳母という
ことになります。

言葉は同じポルトガル語ですが
住んでいる場所が違う所の歌を歌うのですから、

同じポルトガル語の歌だと言っても
表現は別物だと思えます。

言語が違うから表現できない
ということ以上に

「自分のしらない土地のことを歌えない」
ということのほうが
歌手としては大きいです。

つまり、日本語を話す別の国(どこでもいいが
例えばマカオあたりにあるとしましょう)
そこで生まれた歌詞に
「マカオの母~~」って書いてあったとして
簡単に感情も入らないし、歌えないですよね???
そういうことです。。。


しかしです。
ポルトガル語の言葉がわからなくても聞いているほうは
何に対し

一体感
一致感を感じるかと言えば

歌手の発音ではなく
表情やしぐさ、
「全体的なもの」だと
思えます。(私の意見です)

全体的なバランスで
「この歌はいい」

「この歌手は嘘がない」
とわかるものです。

どんな発音がよくても
日本人で歌謡曲が下手な人もいますし、
どんな音程が良くても
日本人で歌ってる歌詞が耳に届かない人もいますしね。

でもクリスチアーノのような歌手(の、ようなと
いっしょくたにしたくないけれど、この場合、いい歌い手という意味です)
だったら

言葉を乗り越えてこっちに伝わるものがありませんか???
わたしには、しっかりと感じられます。

ここがすべてにおいて大事なんだろうな、、、と私は感じています。

最近のことですが、

とっても大きな気づきがありました。

クリスチアーノのような嘘のないファド歌手がいてくれたおかげで
わたしもよくない方向がどこなのか気が付きました。。。。
良くない方向は世の中にたくさん潜んでいます。

いいものをもっている
嘘のない世界にいたいと、
思います。

私はファドが好きです。

でももっと広い範囲で言えば

嘘がない音楽が好きだとわかったんです。

それには
テクニックや
経歴などを越えた
とっても大事なものが存在し、
その存在に気が付くか気が付かないかで
人は人生が変わってしまいます。

幸いにして私の周りには
わたしに厳しく意見をくださる
多くの仲間、そしてお客様
お客様も本当に厳しい方が多い。
だからこそ、その時その時に自分に
足りないものを見つけて
決して満足しないでやってこれました。

声はこれからもっともっと変わるものです。
変わらなきゃいけないものだともいえます。
80歳になったって歌えるなら変われる。

でもなぜいい方向に変わっていく人と
そうではない人が
いるのでしょう。

その答えは
本人がそこに気が付いたかどうかだと思います。

クリスチアーノは気が付いているから
こういう歌が歌える。
変化していける。

「ファドはこういうものだ」という型にはまったものだけではなく
「クリスチアーノのファドはこれなんだよ!なんて気持ちがいいものなんだ」と。

こういうファドを多くの方に聞かせたいです。
日本にいる方々にも。





by machafado | 2015-07-03 22:34 | ファド歌手 紹介