ポルトガルの首都リスボンで200年前に生まれた大衆音楽ファドを日本とリスボンで活動するファディスタMACHAKO(浅井雅子)が楽しく紹介します。浅井雅子のウェブサイトはこちら。http://www.machakocanta.com/


by MACHAKO

【明日は自由学園 しののめ寮 ラウンジライブ】

こんにちはファド歌手の浅井雅子です。

さて明日はいよいよ初めての土地
「ひばりが丘」での演奏です。
歴史ある自由学園のラウンジでファドコンサートです。

ギターの内山ユウキ氏とは
練馬区のクラブツーリズムさんで3年間連続して
「ファド&フラメンコ」ライブのお仕事をしてきたのですが
その3年間、ずうっと応援してくださっている方が
今回の素晴らしいライブをセッティングしてくださいました。

柴内貴彦氏が加わって、
ポルトガルギターとフラメンコギターの
ふたつの珍しい弦の共演になっています!
この二つの音は
とっても美しくしなやかで、強いです。

その中で「自由に!熱く歌い踊る」
のがわたくしのファディスタとしての
つとめです。

新しい色合いのユニットとして
音も表現も常に磨いております。

自由でなくては出せない色もあります。
みなさんで一緒に感じて、ライブでは一緒に
歌いましょう。

是非是非、足をお運びくださいね。

f0333584_12151050.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6月20日(日曜日) ひばりが丘 自由学園 しののめラウンジ
「ポルトガルを旅する哀愁のファドライブ」

「ポルトガル&スペインの写真を見ながらファドとフラメンコの演奏を
聴くという新しいスタイルのライブです」

6月21日(日曜日)
開演:14:00~ (定員60名)
(開場:13:30)

場所:しののめ茶寮カフェラウンジ

前売り券:1000円
(当日券・1200円)★ワンドリンク付き
カフェのレジにてチケット販売致します。

出演)

歌)浅井雅子(MACHAKO)

ギター) 内山ユウキ

ポルトガルギター)柴内貴彦
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・
曲目

暗いはしけ (ファド)
ポルトガルの4月 (ファド)
ポルトガルの家 (ファド)
ボラーレ

他、 ギターのインスト、新旧ファドの名曲を

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・
ファドとは?

約200年前に港町リスボンに生まれたポルトガルの大衆歌謡曲。
女王と呼ばれる「アマリア・ロドリゲス」の歌唱で世界的に広まった。
郷愁感の漂う、魂の叫びとギターで現在もポルトガルではたくさんのファドレス
トランで日々、
演奏されている。

フラメンコとは?
流浪の民であるジプシーの生み出したスペインの南、アンダルシア地方発祥の
音楽。ジプシーの嘆きと言われるカンテ(歌)、そして哀愁のギターの熱い音色
が特徴


[PR]
by machafado | 2015-06-20 12:17