人気ブログランキング |

ポルトガルの首都リスボンで200年前に生まれた大衆音楽ファドを日本とリスボンで活動するファディスタMACHAKO(浅井雅子)が楽しく紹介します。浅井雅子のウェブサイトはこちら。http://www.machakocanta.com/


by MACHAKO

心からの賛美

おはようございます。ファド・ラテン歌手の浅井雅子です。

ファドを聴いての一言。で
心に残っているものがあるので
今日はそれを書きます。

2009年の春のポルト。

一軒のカサデファド。

お客は私とアメリカ人の女子たったの2人。

ファディスタは男性一人、女性が一人。


この2人はたったふたりの客のために
いくつものステージを歌った。

アメリカ人の子も帰ってしまい。

私は一人で最後まで聞こうという姿勢を見せた。

女性のファディスタが
「マリアラポルトゲサ」を歌う。

いい歌だった。
心からの叫びだった。

途中から、一人のおじいさんが店に入ってきた。

きっと、いつも終わるころにやってくるお客なのであろう。
私のななめ向かいの席に座ったおじいさんは

ファディスタが歌い終わると

「リンド」

っとたった一言

ポルトワインを味わった後のようにつぶやいた。

ごくっと飲み干した時に
思わず出てしまった声のように。

リンド=美しい

ファディーシュタ!!といい歌を歌った後に投げかける言葉があるが、

わたしには味わいの

リンド

のほうが熟成を感じた。

ファドの賛美とは、心からのつぶやき。

大げさな賞賛とも違う。

その人のこころのひだに染み込み、触れ、

心臓をつかむ。


by machafado | 2014-06-27 09:14