ポルトガルの首都リスボンで200年前に生まれた大衆音楽ファドを日本とリスボンで活動するファディスタMACHAKO(浅井雅子)が楽しく紹介します。浅井雅子のウェブサイトはこちら。http://www.machakocanta.com/


by MACHAKO

<   2015年 12月 ( 36 )   > この月の画像一覧

ファドのイメージが

暗い
寂しい
苦しい
哀愁の
郷愁の

間違っておりません。

リスボンで売っているTシャツに
アマリア(らしき?)黒いショールのファド歌手が
歌いながら泣いている図柄が合って
その涙が海になってしまっているような?
ものがあります。

けれどもそれはあくまでもイメージ。

実際リスボンに行ってみてわかるのは

「本当にさまざまなファドがある」ということです。

イメージというものは本当にある意味怖いものです。
私などは
「まちゃこさんはそんな明るい人なのにどうしてファドなんてやるの?」
「似合わないよ」
と言われたことさえも多々あります。

もちろん深く私を知っている人は
「これほどあなたにぴったりの音楽もない」と言ってくださいます。

そこまで違うんですよ。イメージって。


私はお笑い文化が大好きですし(大阪に死ぬほど通って吉本見たりしてました)
トークも大好き(トークの上手い人のyoutubeが日課です)
写真も使って(お父さんがカメラマンでした)
いかにも

「明るく文化を紹介するファドライブ」をやっているからです。

しかし実は私は告白すると

哀しいファドが本当に好きなのです。

このおかしな人生
死せるが如く
狂気
海の歌
哀しき運命

そのほか

アマリアロドリゲスの悲しげな歌は
すべて好きといっていいくらい好きです。

でもね。

そればっかりは、やらない理由があるのです。
もちろん
今の年では歌えないと思う部分も楽曲によってあるともいえますが
バランスを考えるとできない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分が達成したいファドというか
ポルトガルを広める覚悟があるのですが、

そのためには、今からいろいろと準備をして、
「備えておかねばならないこと」があります。
そのために
日夜、ファド以外の別枠の準備をしています。

日本でファドライブをするとなると
どうしても、自分のお知り合いや
お友達からお客さんになりますよね。

もちろんそうじゃない方もインターネットを調べて来てくださいますし
時には根強くリピーターにも
なってくださっています。

でも
「なかなか増えていかないものだな」と思いますし、
それはファド以外の「民族系音楽」も
同じだとは、思いますが。
だって増えていたらこれだけ歌う人が少ないのですからもっと
ライブができるはずですよね!

実に、簡単ではありません。

私は大好きなサルサバンドがあるんですが
この前ライブに久しぶりに行ったとき
お客さんがちょっと少なくってショックでした。

いい音楽がもっともっと広がってほしいのに
なぜうまく行かないのでしょうか。。。


たくさんライブ自分でやったり、見たりする中で
最近、私が思っているのは

満足っていうのは
人それぞれ、そのときのそれぞれなんだなぁということ。
そして案外
「別枠を知ってもらう感動というのもあるんじゃないかな」ということ。

どんなに
「自分は悲しいファドが好きなので」
「アマリアの曲が好きなので」

と決めていても

案外、別の曲に素直に触れると

「あれ?この曲もいいのじゃない?」
と気が付くものです。
(この素直さが足りない人も世の中多いですけどね・・・・)

俺はサルサしか聞かねえぜ!って人に
珠玉のサンバを聞かせたら

「なんだか新鮮で哀愁感がすばらしい!」って言う場合だってあります。
(サルサには哀愁って言葉はさすがに似合わないですからね)

私はどうせだったら

「そういうこと」をしていきたい。


なぜなら私自身が「そうだった」からです。

私はアマリアロドリゲスや
マリザ、デュルスポンテスなどの
名ファド歌手から聴き始め、
最初の楽曲は

ほとんどがアマリアロドリゲスでした。

でも最近はその最初にやっていたものを
あんまりやっていません。

なぜなら
新しい曲にも別のファド歌手の曲にも
とてもいいものがあるとたくさん知ったからです。

でもそこに気が付く日本人はとっても少ないはず。
なぜなら
ファド=暗い
ファド=アマリア

という概念しかない方がほとんどだからです。

今私の頭の中に常にいると言えるファド歌手は

マーラペドロや、

クーカロゼタなどの生き生きした若いファドの方々です。

何がどう違うのかということですが

わたしとしては答えは
「ずうっと聞いていたい!」と思えるファドなんです。

ちなみにマーラペドロだったら
一日聞いても飽きないのです。


また
「ずうっと見ていたい!」
ともいえます。

衣装を変えるとか
雰囲気をつけるとか
美しくあることは
とっても大事なことです。

お客様はほとんどそこから
入ってきます。

ところが、
本場で見てみると、そうでもない。

そんな見た目ではなくて
オーラがもともと違うものだなと
輝いているファド歌手を見るとしっかりと思います。

なぜなのかということですが

まず「世界観」があります。

それは
ファドが好きだとか
うまいとか
歌いたいとか

「それだけじゃないメッセージ性」を彼女たちには感じます。

私はそこがやりたい。

なので、私のファドライブは
「一見とても明るくてファド紹介ぽいイメージ」だと思うのですが

お客様のアンケートには
違うことが書いてあります。

楽しかった。という言葉だけではありません。

今のところ、
わたしが考えるメッセージ性という部分では
きちんと形ができつつあるなと思えています。

ファドを伝えたいんです。
でもそれだけじゃあないんです。

私は自分のメッセージを深く深く
そして強くもつために
他のことをしており、

その部分を強化して
さらにメッセージ性の高い楽曲を
提供できるようになりたい。

そうなってこそ
深いファドがいよいよ60代になって歌えそうに思うんです。

日本人なので
どんなに発音をきれいにしても
音程をしっかりとっても

どうやっても日本人の向こうの真似事ですよ。。

反論もあるでしょうが、
アメリカ人が演歌を歌ってることを想像してください。

これが顔・姿が似ていると少し緩みますが
(たとえば日系ブラジル人が演歌とかね)

あくまで見た目の問題で、
コラサゥン(心)の違いは
やはり消せません。

アマリアが・・・
ポルトガルが・・・・
リスボンでは・・・・

話すことはたくさんあります。
ネタも探せばありますね。

写真も使えるし
映像も今や簡単に流せる。

だけど
「おのれのもつ強いメッセージ」がなかったら
ただのファドのショーです。

はっきり言うと自分は違うところを目指しているんです。

明るく、気楽に、楽しく聞けるファドな気がする!と
きてくれた方が

「それだけじゃないイメージ」や
「それだけじゃないメッセージ」をがっつりときちんと持ち帰っていただくこと。

明るいだけじゃなかったね!
違った!
なんかファドに興味持てた!

そういう新鮮な高揚感!

私はそれを自分の使命と考えています。

その使命は、
何度も書くのですが

「ファドを発信しているだけ」では
本当に言いたいことは伝わらないとわかっています。

まぁそれでも、やっぱり私は明るいイメージの歌手でいたいなぁ。

そのほうが最初の一歩の足を運びやすくないですか?
お友達も誘いやすくないでしょうか?

そして、来年はそれだけじゃあない
新しい試みをしっかりと見据えて

ある種のイメチェンもする予定です。

自分が本当にやりたい世界はまだまだたくさん
自分の中にあります。

私はどんどん変容したいと思っています。


~MACHAKOはさまざまに情報発信をしていくファド歌手です~

浅井雅子facebook  https://www.facebook.com/masako.asai1 友人申請お待ちしてます。
浅井雅子 website  http://www.machakocanta.com/ リニューアルしました。
浅井雅子 twitter  https://twitter.com/machafado フォローお待ちしてます。
浅井雅子 葉加瀬太郎氏との対談はこちらです。https://www.youtube.com/watch?v=MvGGX5BExyA#t=559
浅井雅子 メルマガ「人生はサウダーデ」はこちらから登録ください(10月より週に一回発行再開します)
http://www.mag2.com/m/0001618508.html


ブログランキングに応援クリックをお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ ポルトガル旅行へ
にほんブログ村




[PR]
by machafado | 2015-12-03 01:06 | ファドへの想い
自分がファドを歌い始めて
おそらくですが数えていませんが
400回以上?
各地の場所をいれてライブをしているのではないかと
思えます。
今度ちゃんと数えてみますけど
一年に100回以上が2年以上あるし
最低でも年間50回以上は、やっていると思うので
この回数になります。

もちろんそれだけやっていても
まったくファドはこの日本に広まらず、
それには私の個人の実力のせいも多少はあるかと思いますが(涙)

それでも私は発信をやめません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

youtube という媒体があります。
そこには私の動画が120以上あがっております。

厳密には、もっと数があるのですが
さすがに2009年くらいのものは
削除しております。

なので、150以上があったはずです。

先日ですが
その動画に関して丁寧にご意見をいただくことができました。

それは、褒められた感想ではなくて
わたしにとっては大変に厳しいものでした。

動画自体のだめだし
歌のだめだし
演奏のだめだし

しかし
それは、「とてもありがたいこと」です。

理解されにくいことですが
私は、自分でこれぞと思った動画をあげているのではありません。

また自分のためだけにUPしていません。

最初は実は葛藤がありました。
いいものを造ってからアップしたほうが印象がいいのではないか、、と

しかし考えを決めて、
中途半端でもいいからあげていこうと決意しました。

なぜここまで
ある意味、自分にとっては
完璧ではないけれど動画をあげているのかには

理由があります。

私はファドの活動を少しでも多くの方に

「まずは認知していただきたい」と思っているからです。

言い換えるなら
わたしを通してどこからでもいいからファドを知ってもらえたらよい。
という気持ちです。

完璧なものを造れていたら
それをあげるでしょう。

でも今はありません。
だから今の自分の等身大を映し出しています。

もちろん完璧なものを造り上げようと準備をしております!!(ご安心を)

そして
はっきりいうと
youtubeというのは、
本来のライブの熱気が伝わりにくくて
非常に

もったいないなと思う部分のある映像UPの場所でもあります。

実は現場ではものすごい盛り上がりでお客さんと一体になっていて
お客さんから「この曲最高~~~~!」という評価をいただくのに

youtubeだとだめだったりもします。(面白いですね)

それでも私は、
少しでもライブの熱気が伝わっていかないかなと思うような
動画もあげて、

イイネがつこうと
だめねがつこうと

今は、

こんなファド歌手がいる
こんな歌がある
こんなユニットがある

超有名人じゃないのですから
ただ自分のライブ宣伝をしているだけじゃ、
新しい人が
「ファドに出会うこともできない」から

頑張ってyoutube にUPし続けました。

そして少しずつですが、
私の動画の中でも

良いと思われるものを
シェアしてくれる人が現れ始めました。


ほんの少しですけど嬉しいことです。


人は、活動を止めると忘れられてしまいます。

例えばどんなにいい映像があったって
その人のHPやブログに飛んでみたら
「活動していなかったら」

それこそがっかりじゃないですか?

そのがっかり加減は、とってももったいないことですね。

よく自分をバージョンアップさせるために
充実期間のようなことをする方もいます。
海外にいくとかね・・・

でも有名な芸能人ならともかく

わたしのような
日本でまだ認知されていない音楽を
やっている歌手がそれをしてしまったら

また顔をあらわし
バージョンアップしたとしても

お客様はまたそこから、、、、、、になってしまう気がします。

さらに言うと

わたしだったら
どんな人を応援したいかと考えます。

わたしだったら
「ずうっと休まず歩みを止めず
自分のペースできちんと好きなことを
やり続けていく人」がいいのです。


だから


「私は自分の理想を自分で確立させる。」
そのために歩みを止めていません。

応援してくださってる方の中には

「まちゃこは時間がかかってる。」
「もったいない」
「もっとできる」

という言葉を下さる方もいて
苛立ちを覚えているようです・・・

大変心苦しいです。

わたしがもっと器用だったら
こうなっていないのかもしれないと・・・・・

夜に一人、
そういってくれる方々の顔を思い出して思い出して
ひそかに泣くことだって、あります。

でも基本、一人で進まねばなりません。

私の中には
たった一人でリスボンでファドを求めてさまよった
あの時の孤独がいまでも体に染み込んでいます。

あの孤独があれば
いつまでも私はファドを歌えると思っています。

あの
一人で切り開いていった勇気を
いまでも忘れていません。

今はまだここです。

でも見ていてほしい。

あと20年後には私はきっと
実現させていると思います。

20年って長いでしょうかね。

しかし私の炎は消えないと思えます。

~MACHAKOはさまざまに情報発信をしていくファド歌手です~

浅井雅子facebook  https://www.facebook.com/masako.asai1 友人申請お待ちしてます。
浅井雅子 website  http://www.machakocanta.com/ リニューアルしました。
浅井雅子 twitter  https://twitter.com/machafado フォローお待ちしてます。
浅井雅子 葉加瀬太郎氏との対談はこちらです。https://www.youtube.com/watch?v=MvGGX5BExyA#t=559
浅井雅子 メルマガ「人生はサウダーデ」はこちらから登録ください(10月より週に一回発行再開します)
http://www.mag2.com/m/0001618508.html


ブログランキングに応援クリックをお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ ポルトガル旅行へ
にほんブログ村




[PR]
by machafado | 2015-12-02 10:31 | ファドへの想い



アマリアロドリゲスならでは、、とうならせる楽曲です。

わたしがこの歌に出会ったのは
2012年のポルトガルでした。

それまでアマリアロドリゲスのCDを持っていても
聞き入ったことがなかったので
頭の片隅にもなかったこの歌。

なぜ

突然自分の中で大切な一曲になったのかをお話ししましょう。

すべては出会いです。

ファド、それは

「たった一人で出会うもの」です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一人の若いファド歌手 デボラロドリゲス。

彼女がこの歌をバイロアルトのお店で歌い始めたのです。

その歌声のひだに

私の肌にうっすらと浮かぶものがありました。

リスボンでファドを聞いていてもそこまで
鳥肌と言われる様なものが発生するほどの
歌声にそうそう出会えません。

歌い終わった彼女に
「素晴らしかった」と話しかけて

彼女と私はfbでつながることができました。

実は、その時となりにブラジル人の女性が2人いたのですが
その2人とも

鳥肌が立った。と言っていたのです。本物です。


日本に帰ってから
彼女にメールしました。

「あなたの歌ってた曲で気になるものがある題名がわからない」

わたしたちは、謎解きのように曲名について
あれかこれか?と

ポルトガル語なので、大変です(笑)

彼女が「なにかフレーズか歌詞がないの?」

というので

「クイダーーイ cuidai???」と返した途端です

「それは Cuidei que tinha morridoよ!」と回答が。

「まちゃこ歌ってね!」

それから私の格闘が始まります。

何せこの歌は、非常に難しいのです。
(いろいろな意味で)

以下、私のわたしなりの簡潔な訳となりますが
良かったら読んでくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

川べりに
暗い顔をした人物を見つけた
青白く暗いその顔

私は鏡のような川にそれを映しながら
みとめた。

けれど
今は思う

あれは私ではなかったのか、、、、と

恋人よ
どうか教えてほしい
次に私を抱くときに

あれは君だったよと。

私は死んでいたのかもしれない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の中では
この歌の表現をそのまま受け取ることができません。

書かれていないもっともっと深い

彼女のその恋人への葛藤を
感じるからです。

その恋人は、
きっと包容力があるけれど
おそろしく冷たい男です。

勝手なのかもしれませんが
わたしにはそう感じられるのです。

だから

自分の死を持って
彼に最後の賭けをする。

死ぬほどの想いを

ファドに乗せて

愛情なのかもわからない
その男への思慕を

暗い川べりにたたずんで
彼女は薄暗い川面にみつけたのでしょう。

彼女の見たものこそが

暗闇の中に生きている自分の想い

深い思慕

死ぬほどの想い

それが何かを心が悟ったのでしょう。


~MACHAKOはさまざまに情報発信をしていくファド歌手です~

浅井雅子facebook  https://www.facebook.com/masako.asai1 友人申請お待ちしてます。
浅井雅子 website  http://www.machakocanta.com/ リニューアルしました。
浅井雅子 twitter  https://twitter.com/machafado フォローお待ちしてます。
浅井雅子 葉加瀬太郎氏との対談はこちらです。https://www.youtube.com/watch?v=MvGGX5BExyA#t=559
浅井雅子 メルマガ「人生はサウダーデ」はこちらから登録ください(10月より週に一回発行再開します)
http://www.mag2.com/m/0001618508.html


ブログランキングに応援クリックをお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ ポルトガル旅行へ
にほんブログ村


[PR]
by machafado | 2015-12-02 09:33 | ファド動画 youtube

ファドの魂について

恐れ多くて
「ポルトガル人の魂」という言葉を簡単に言えない私です。

実はファドを始めたころにこんなことをまったく考えていませんでした。

でも今はわかります。
ファドの魂は間違いなくポルトガル人だけのものだと。

けれど日本人のわたしにも消せない炎がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は2007年、衝撃的な事件とともにファドを歌い始めましたので(それはファドそのものに出会ったことではなくてまったく違うことです)

ただ毎日、ひたすらに
ファドに救いを求めていたのかもしれないです。

「これを歌いこなせるようになれたなら自分の心もいつかは
救われるのではないか」というようなせっぱつまった感情で毎日一杯でした。

苦しかったけど、精一杯を生きていた時代です。

(・・・今とは少し違います)

聞くところによると
この時の私のような心境に近いところでファドに出会い
歌い始めた方がいるように思えます。

けれど、この感情がおさまるころになると
「歌わなくてもいられるようになるとかならない」とか・・・・・

私はおさまっても歌いたい人間だったようですね。
いまだに

情熱の炎は消えません。
むしろそのころとは違う意味で

8年目の今、

私の魂が燃えております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の心の奥底には

サウダーデと呼んでは、いいかどうかわからないですが
それに近いものが巣くっています。

おそらく小さいとき、
おそらく生まれる前、

とても古いときからです。

子どものころから
押さえられない感情をどうしてよいかわからず
そのパワーをどこに出していいかわからず

どこかしらで
冷めた悲しい目をしていました。(と言われます)

普段の私を知っている人は
「まちゃこさんは快活な行動派」
「元気で明るい」と言いますが

良く私を知っている人は、決してそうは言いません。

特に私の親は、そういいません。

お前は小さいころから悲しそうだった。
哀愁ある目をしてどこか遠くをいつも見てた。

と言われて育ちましたし。

そこには小さいころの体験で、
消しても消せないものがあるからだと思うこともあります。

決して恵まれない環境で育ったわけではありませんが
私の幼児体験の中では、忘れることのできないとある事件があり、

生と死を常に見つめていたのだと思います。

大人になってからもどこかでそれを持ち、
消して捨てられないものとして心にあるのです。

「叫びたかったけど叫ばなかったから」かもしれません。

それを、ファドに出会って

「あ、叫んでいいんだ」と素直に思えたのが
私のファドとの偶然の出会いでした。

偶然はわたしをたった一人で
見知らぬ国、ポルトガルへ向かわせ

現地で誰一人知り合いもいないなか
たった一人で

ファドを歌い始めた。


「私のファドへの魂」は、私にはこうしてしっかり宿っています。

あなたにも宿ることがあるかもしれません。

大切にしていけば、
ファドが心から自分を受け入れてくれるようになります。

一曲一曲が宝物になるころ

癒しが訪れ
そしてそれとまた別に
現実では厳しい人生が生まれていく

その繰り返しの中で

ファドがどれだけ自分にとって大切であるかを
しみじみと思うとき

幸せだなと、感じています。



~MACHAKOはさまざまに情報発信をしていくファド歌手です~

浅井雅子facebook  https://www.facebook.com/masako.asai1 友人申請お待ちしてます。
浅井雅子 website  http://www.machakocanta.com/ リニューアルしました。
浅井雅子 twitter  https://twitter.com/machafado フォローお待ちしてます。
浅井雅子 葉加瀬太郎氏との対談はこちらです。https://www.youtube.com/watch?v=MvGGX5BExyA#t=559
浅井雅子 メルマガ「人生はサウダーデ」はこちらから登録ください(10月より週に一回発行再開します)
http://www.mag2.com/m/0001618508.html


ブログランキングに応援クリックをお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ ポルトガル旅行へ
にほんブログ村





[PR]
by machafado | 2015-12-02 00:53 | ファドへの想い
106歳で亡くなるまで、現役最高齢監督をまっとうした
ポルトガルの監督 
マノエルドオリヴェイラ監督作品。

http://www.crest-inter.co.jp/angelica/

「アンジェリカの微笑み」

わたしもじっくりと見に行く予定です!
皆様もぜひ053.gif



[PR]
by machafado | 2015-12-01 23:59
ファドは、基本的なスタンダード曲が200曲(以上??)あるので、
ジャズのようにギタリストはその楽曲を覚えており、
現地ではキーを言われたらその場で弾くという超絶な?テクニックを持っています。

日本のように「譜面というもの」は存在しません。
そこは本当、フラメンコと同じで、
また街角のサンバのような部分もある。

わたしが思うのは
現地に行って素晴らしい歌唱とか素晴らしいギターが

「必ず見れるというのはちょっとした幻想」かなと。

店によって、
日によって、
出演者によって、

少しずつ変化をしていくものです。
ファドは生き物だと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

けれど、
できるなら

もしあんまりお上手じゃないファドに出会ってしまっても
「諦めずに次のお店に向かってみてほしい」です。

日々、ファドを生活のためにやっている方々です。

色々なことが起きると思うのです。
そのいろいろな出来事の中に

実はファドの本体が隠されているから。

もちろんいい歌を突然聴けたらラッキーです。

その時は、おそらく、
素晴らしいのレベルによっては
鳥肌は間違いないですし、
またその声の凄さに圧倒されてしまうと思いますが

食い入るように見入ることで

人間のもつ声とか
表現のスゴサに体が魂が震えると思います。

自分は日本で生まれた日本人ですが

その時は、ポルトガル人の魂をばーーーんっと感じられています。

この感じられること、それがやっぱり
自分で得るファドなんだと思います。

だから、
そう簡単ではないけれど、

出会ってしまったときの凄さを
望んでみてほしい。

そのへんにあるようなものでは
ありませんです。

その歌は。

だけども
日本でも
その辺にあるような

小さな胸をくすぐる出来事、
そんな中にも
ファドっぽいなぁと思う
部分は実はたくさんあって♡

おそらく
日本に居ながらにして
「そこに気が付いているかどうか」
を神様は見ている、

そして

現地で出会える確率も変わってくるのでは?と
私は実は思ったりもしています。

あなたのファドに出会えるように、、、、
私はただファドが好きでそれを歌うことを選んでしまった一人の人間ですが

ファドにリスボンで出会った時の感動をやっぱり忘れられないから。

より多くの方々がそんなファドに出会えることを
望んでやまないです。

毎日いろいろな人から

「大好きなんだね」と言われますが

そうなのかなと、

わたしよりもおそらく
ファドが好きな人はたくさんいそうです。

しかし

私ほどに発信をし続けていくことは
出来ないでいるのかもしれませんね。

私は自分が好きなことをとにかく広めたいだけです。

みんなで共有して一緒に楽しめる世界

それはとっても開かれていて
自由であるべきです。


~MACHAKOはさまざまに情報発信をしていくファド歌手です~

浅井雅子facebook  https://www.facebook.com/masako.asai1 友人申請お待ちしてます。
浅井雅子 website  http://www.machakocanta.com/ リニューアルしました。
浅井雅子 twitter  https://twitter.com/machafado フォローお待ちしてます。
浅井雅子 葉加瀬太郎氏との対談はこちらです。https://www.youtube.com/watch?v=MvGGX5BExyA#t=559
浅井雅子 メルマガ「人生はサウダーデ」はこちらから登録ください(10月より週に一回発行再開します)
http://www.mag2.com/m/0001618508.html


ブログランキングに応援クリックをお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ ポルトガル旅行へ
にほんブログ村








[PR]
by machafado | 2015-12-01 00:04 | ファドへの想い