ポルトガルの首都リスボンで200年前に生まれた大衆音楽ファドを日本とリスボンで活動するファディスタMACHAKO(浅井雅子)が楽しく紹介します。浅井雅子のウェブサイトはこちら。http://www.machakocanta.com/


by MACHAKO

カテゴリ:ファド歌手 紹介( 12 )

ジゼラジョアオン

この声にして
とっても小さな少女です。

2013年にアルファマファド祭りで彼女を見たときに
白いミニスカートで
ひざまづいて歌うその姿には
奇をてらった感さえありました。

それでもおのれのステージングを
まっすぐに突き抜けたその姿に拍手でした。




ポルトガルの若いファド歌手は
どんどん育っていて

マリーザ
カルミーニョ
アナモウラ

の後にもたくさん出てくることでしょう060.gif

~MACHAKOはさまざまに情報発信をしていくファド歌手です~

浅井雅子facebook  https://www.facebook.com/masako.asai1 友人申請お待ちしてます。
浅井雅子 website  http://www.machakocanta.com/ リニューアルしました。
浅井雅子 twitter  https://twitter.com/machafado フォローお待ちしてます。
浅井雅子 葉加瀬太郎氏との対談はこちらです。https://www.youtube.com/watch?v=MvGGX5BExyA#t=559
浅井雅子 メルマガ「人生はサウダーデ」はこちらから登録ください(10月より週に一回発行再開します)
http://www.mag2.com/m/0001618508.html


ブログランキングに応援クリックをお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ ポルトガル旅行へ
にほんブログ村



[PR]
by machafado | 2015-12-04 00:09 | ファド歌手 紹介


9月18日のアルファマファド祭りでの
ヴァネッサアルベス。

この日に初めて聞いたと思ったら、

あれ!!この動画みたことある~~~~~!!016.gif

Noite Cerrada (闇夜)
(わたしも大好きな曲です)

もともとこの歌を歌っていた
大歌手 マリアダフェが途中厳しい目で
聴いているのが写ってますね。

ヴァネッサさん。
この動画より本物のほうが
ずうっといいかも,
です。

もう一曲



いい声です~~~。
まっすぐで本当に

ああ嘘がない!

私はどっちかというと
しわがれたいかにもファドっぽい声よりも
こういう素直な感じで
まっすぐに歌う歌手の
ほうが聞くのは好みです。

好みは色々でしょうが、
「ファディスタの声はしわがれている」と
いう一種の日本の伝説は、現地では違いますからね~♪
色々な人がいます。

さらにもっと若いときのを発見016.gif



ええ~~!
なんか全然違う?!

若いからとかじゃなくて
もちろん上手だけども
声が全然。。。(深身が今は違いますね)


やっぱりみんな
年月を重ねて上手になるんだなぁと
思います。
(しかもこの動画、ビオラがミゲルラモスですね。)

今の彼女の歌
素晴らしくいいですよ♡
心よりお薦めします。
ラパ地区の
セニョルヴィニョで歌っているのかもしれませんね。今度確認してみます!


浅井雅子facebook はこちら https://www.facebook.com/masako.asai1 友人申請お待ちしてます。
浅井雅子 website はこちら http://www.machakocanta.com/ リニューアルしました。
浅井雅子 twitter はこちら https://twitter.com/machafado フォローお待ちしてます。
浅井雅子 メルマガ「人生はサウダーデ」はこちらから登録ください(10月より週に一回発行再開します)
http://www.mag2.com/m/0001618508.html




[PR]
by machafado | 2015-10-04 23:05 | ファド歌手 紹介

ミゲルラモスの歌声

こんばんは、本日9月18日のアルファマファド祭りの様子を
このブログにアップしましたが、

やはり出演者の歌声をリンクしたいと思いまして
書いています。


どうやらこれは、かの有名カサデファド「オ・ファイア」の
バーカウンターでの即興ファドの様子!

マイクを通していないのでそのままの声ですね。
(アルファマファド祭りではマイクを使っていました)

ミゲルラモスさん。本当にいい歌手だと思います。

そしてこんなのも見つけちゃった”!

大歌手レニータジェンティルの素顔の垣間見れる一コマ



男性歌手があおるので
ギターが大変なことになっていますね005.gif

驚くべきはこの数のギターを前に
声がここまで聞こえるレニータの声量です。

本当に、彼女は凄いです・・・・

これだけギターが本気出して弾いたら
普通は声は隠されてしまいます。

長年使われた強い声。

彼女は本当に間近で感じてほしいファド歌手です。
しかしこんな風にオファイアの入り口で気軽な感じで
セッションしてるっていいですね~。
遭遇してみたい!


浅井雅子facebook はこちら https://www.facebook.com/masako.asai1 友人申請お待ちしてます。
浅井雅子 website はこちら http://www.machakocanta.com/ リニューアルしました。
浅井雅子 twitter はこちら https://twitter.com/machafado フォローお待ちしてます。
浅井雅子 メルマガ「人生はサウダーデ」はこちらから登録ください(10月より週に一回発行再開します)
http://www.mag2.com/m/0001618508.html



[PR]
by machafado | 2015-10-04 22:54 | ファド歌手 紹介

カルミーニョの挑戦



若手実力ファド歌手 カルミーニョが
シコブラウキのカロリーナを歌っています。

ブラジル音楽の要素を取り入れてと言えば
日本でもこの5月にコンサート会場を満席にした
有名なファド歌手アントニオザンブージョがいますが、

カルミーニョといえば、ばりばりに
古典ファドも上手でいかにも
「ファド歌手」という湿った声の持ち主。

こちらの動画は
ブラジル音楽だけど
やっぱり根底のファドの魂を感じる力強い歌唱です。

私はカルミーニョの声と風情が大好きなので彼女がいろいろな
歌を歌うのをこれからも聞きたいです。



[PR]
by machafado | 2015-09-12 23:59 | ファド歌手 紹介

こんばんは
数いる男性ファディスタの中でも
わたしが特に愛してやまない声の持ち主が
この
「Cristiano de Sousa」氏です。

いつもこの人の声を聴くと思うのは
すべてに

「嘘がない」

という一言。
はあ、、、、
憧れの溜息です。

こういう声を持って生まれたというのは
彼がファド歌手として生きるという運命なのかな、、、、
ところが彼はこれだけの声と実力を持ち
カフェルーゾという素晴らしい店で歌いながら

「ロック歌手」としても活動しています!

そこがまた、私的には広さを感じずにはいられません。。
そんな彼の歌も聞いてみたい!!

わたしがクリスチアーノが大好きなのは、そんな
とっても広い範囲の活動をしているからかもしれないです。

「ファドだけを歌わなきゃファディスタではない」
という意見も
世の中にあると思いますが、
彼ほど立派に夜はファディスタを勤め上げて、
けれどほかの歌の活動にも余裕が持てるというのは
世界が広がって大変に素晴らしいことです。

私の意見としては
「じゃあそちらは、ファドだけをやってて、、、、
クリスチアーノの歌にファドが匹敵するの?」
と言いたいです。。。

クリスチアーノは嘘のない本物の声を持っています。

彼に出会ったのは、実はfacebook!
ところが、偶然に2年前のカフェルーゾで振り向いたら
「マチャコ!!」とそこにクリスチアーノが立っていたのです。

それから初めて聞いた彼のファド。

とにかく声だけではなく
歌っている時の動きも
表情もすばらしく
すべてを持って
観客を魅了します。

後ろにいるギタリストへの愛情ある眼差し
そこに集まった人々への感謝の気持ち。
まったく自分を作り上げたりしない。

今の自分にできるすべてを声にこめて
決して隙を見せずに
聴いているものを感動させる。
天才です。

一緒にいた日本人たちも
「彼は自分を出してる。できることをすべてやってる」
と感動していました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「黒い母」というこの曲ですが、
バックに流れる映像をみてもわかるとおり
おそらくですが、黒人の乳母を歌っていると思います。

後半に
マエンネグラーーー!!!!っと何度も叫ぶのですが、

こういう「張った声を」出した時

なんだか耳にはうるさいなぁとか
なんだかべたーっと聞こえるなぁとか
演じてるな~~って
いう人も多いんですよね。

でも
クリスチアーノはさわやかに歌い上げて
さらに、心に来ます。

私はこういう
きっぱりと歌い切る歌手が好きです。

とても潔い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて。

黒い母。
これはまるで「暗いはしけ」の原曲の
「黒い聖母」と同じような題材なのかもしれません。

ここからちょっと
長くなるのですが、

暗いはしけは
もともとブラジルの楽曲だった
「黒い聖母」を
帰ってこない男を待つ浜辺の女という
まさにファドの歌詞??に書き直したもので、

ブラジルの歌であるならば
歌詞もブラジルの黒い乳母という
ことになります。

言葉は同じポルトガル語ですが
住んでいる場所が違う所の歌を歌うのですから、

同じポルトガル語の歌だと言っても
表現は別物だと思えます。

言語が違うから表現できない
ということ以上に

「自分のしらない土地のことを歌えない」
ということのほうが
歌手としては大きいです。

つまり、日本語を話す別の国(どこでもいいが
例えばマカオあたりにあるとしましょう)
そこで生まれた歌詞に
「マカオの母~~」って書いてあったとして
簡単に感情も入らないし、歌えないですよね???
そういうことです。。。


しかしです。
ポルトガル語の言葉がわからなくても聞いているほうは
何に対し

一体感
一致感を感じるかと言えば

歌手の発音ではなく
表情やしぐさ、
「全体的なもの」だと
思えます。(私の意見です)

全体的なバランスで
「この歌はいい」

「この歌手は嘘がない」
とわかるものです。

どんな発音がよくても
日本人で歌謡曲が下手な人もいますし、
どんな音程が良くても
日本人で歌ってる歌詞が耳に届かない人もいますしね。

でもクリスチアーノのような歌手(の、ようなと
いっしょくたにしたくないけれど、この場合、いい歌い手という意味です)
だったら

言葉を乗り越えてこっちに伝わるものがありませんか???
わたしには、しっかりと感じられます。

ここがすべてにおいて大事なんだろうな、、、と私は感じています。

最近のことですが、

とっても大きな気づきがありました。

クリスチアーノのような嘘のないファド歌手がいてくれたおかげで
わたしもよくない方向がどこなのか気が付きました。。。。
良くない方向は世の中にたくさん潜んでいます。

いいものをもっている
嘘のない世界にいたいと、
思います。

私はファドが好きです。

でももっと広い範囲で言えば

嘘がない音楽が好きだとわかったんです。

それには
テクニックや
経歴などを越えた
とっても大事なものが存在し、
その存在に気が付くか気が付かないかで
人は人生が変わってしまいます。

幸いにして私の周りには
わたしに厳しく意見をくださる
多くの仲間、そしてお客様
お客様も本当に厳しい方が多い。
だからこそ、その時その時に自分に
足りないものを見つけて
決して満足しないでやってこれました。

声はこれからもっともっと変わるものです。
変わらなきゃいけないものだともいえます。
80歳になったって歌えるなら変われる。

でもなぜいい方向に変わっていく人と
そうではない人が
いるのでしょう。

その答えは
本人がそこに気が付いたかどうかだと思います。

クリスチアーノは気が付いているから
こういう歌が歌える。
変化していける。

「ファドはこういうものだ」という型にはまったものだけではなく
「クリスチアーノのファドはこれなんだよ!なんて気持ちがいいものなんだ」と。

こういうファドを多くの方に聞かせたいです。
日本にいる方々にも。





[PR]
by machafado | 2015-07-03 22:34 | ファド歌手 紹介
こんばんは以前お伝えいたしましたが、

私の大好きなアントニオサンブージョがGWに東京にやってきます。

http://www.lfj.jp/lfj_2015/performance/artist/detail/art_6.html

今からのチケットは難しいかも008.gifしれませんが、

私は3日に見てまいりますね!!
ライブの様子は追ってこちらにUPいたします。

とっても楽しみです。



[PR]
by machafado | 2015-04-22 20:04 | ファド歌手 紹介


こんばんは
今日は私の大好きな
Mara Pedroさんの

「神様お許しください」

この美しすぎる声。

神が与えたのでしょうね。


[PR]
by machafado | 2014-09-08 23:59 | ファド歌手 紹介


2008年に初めてリスボンに行ったときに
彼女のCDを買いました。

聞いたとき

うわ~~天使みたいな声だなぁと思ったのですが、
この動画の声もとても癖がなくてきれいです・・・・・

聞き惚れちゃいます。

実は2014年、偶然アルファマで彼女の出演に出くわし

最初は「誰だろう、すっごく綺麗な声だし、姿に影がない。素敵!!」

とっても清らかなオーラをまとったファディスタだなと思ったのです。

あとで、出演者の名前をみてびっくり。

「これがマリアアナボボン本人か!!!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

現在彼女は、ピアノの弾き語りでも活躍中です。

ピアノのファドのCDも発売されていますよ。


ところが(涙)
私はこのCDを買って帰ったら、なぜにか数回聴いたら
CDプレーヤーで反応しなくなってしまったんです。

う~~ん・・・

なぜ?!

また、リスボンで再び聴きたいファド歌手の一人です♡



[PR]
by machafado | 2014-06-24 00:48 | ファド歌手 紹介

私の好きなファディスタ

おはようございます。浅井雅子です。

今日は私の大好きなファディスタ

Cristiano de Sousaさんを紹介します。




まだ若いけれども、声の深みや愛情のある風情・・・・

彼のファドには本当に「愛情」を感じるんです。

私は彼の大ファンですが。

一番好きなところが、
声や表現に変な
「癖がない」こと。

「癖がある歌」というのは、

「あ、この人次はこういう歌い回しをするよな」って2曲目くらいになると
わかってしまいます。


でもクリスティアーノは違い、
すべての曲を聞いても、
それはとてもとても
ストレートに心に入ってくる美しい言葉の音がある。

言葉の音。

これは
「ポルトガル語が話せるという条件」にある
「ポルトガル人」にでも持ってる、持ってないでは大きく違います。

色々なファドのお店にいき、
たくさんの人の歌を聞くと私でもわかってきます。

どこを目指すかと言えば、
やっぱりこのクリスティアーノのような
普遍的に美しい声です。

なんとも表現しづらいのですが
わかっていただけますでしょうか?

持っている底辺の愛が大事だと思います。

それはファドを愛しているとか
大切にしているとか
そういうことだけでも、ないようです。

人間性としかいいようがありません。



[PR]
by machafado | 2014-05-22 10:21 | ファド歌手 紹介
こんばんは、浅井雅子(MACHAKO)です。

私は2008年に初めてリスボンでファドを歌い。
その後、2009年、2012年、2013年と単身でリスボンに渡り、
現地でファドを歌いながら勉強しています。

毎回、それはそれは語りつくせない「いろいろな出来事」がありましたが
忘れもしない、奇跡のような出来事がおきたのは

2009年のことです。

今から紹介するLenita Gentil (レニータジェンティル)さんに

本当に「奇跡的に出会ったこと」もそうですし、
彼女の歌う

「マリアラポルトゲサ(ポルトガル女マリア)」に
感銘を受けて、この曲を翌年に自分のCDにも録音したくらい。

彼女の大ファンになった年。。。。。

それが2009年なのです。

大げさでもなんでもなく
彼女の大きな存在がなかったら
私はここまで一人で日本でファドをやってきたかなと思います。。。


レニータさんは今は60歳をすぎた貫禄のファド歌手でありますが、
最初はファドではない音楽を歌っていました。
日本にも何度も来たことがあるそうです。
60過ぎてなお、常に海外に呼ばれ、各地でコンサートをしている。
体からほとばしる力溢れる声、
熱い♡(ハート)の

ファディスタです。

Maria la Portuguesa(ポルトガル女マリア)

お店の名前は「O Faia  オ・ファイア」といいます。
バイロアルトの名店です。



レニータさんとの
奇跡的な出会いについては
また後日、こちらで紹介していきたいと思います。


[PR]
by machafado | 2014-04-18 23:46 | ファド歌手 紹介