ポルトガルの首都リスボンで200年前に生まれた大衆音楽ファドを日本とリスボンで活動するファディスタMACHAKO(浅井雅子)が楽しく紹介します。浅井雅子のウェブサイトはこちら。http://www.machakocanta.com/


by MACHAKO

カテゴリ:ファドへの想い( 61 )

こんにちは、ファド歌手の浅井雅子です。

いつもブログを見に来てくださり、ありがとうございます。

数か月前に、ファドとリスボン、ポルトガルのことのみの
ブログを造ろうと、思い切って始めましたが
最近は多くの方が来てくださるようになったようです!!

とても嬉しく思っています。

私が紹介できることは限られておりますが、
自分が発見し、これはいいと思ったことを
あげたり、自分の活動を載せたりしながら

これからも楽しくブログでのファドを広める作業も
展開していけたらと思っております。

私が一番、これからファドを聴く人たちに伝えたいことは
一つです。

日本でいわれているところの
ファドのイメージはありますが、

ファドはそのように一つではありません。

その人の生き方が声に出る音楽で
ファドは人生です。

だからこそ、いろいろなファドがあって
好き嫌いも存在して当然です。

自分の好きなファドをもし見つけられたら
それは「とても幸せなこ」となのです。

「こうこうこうじゃないとファドじゃない」

なんて言葉を聴きたくないですし、
自分も言いたくないです。

もっと
多くの方にまず

「ファドそのものの存在」を知ってもらうことのほうが
大事じゃないでしょうか?

この日本の中でどれだけの人が
ファドの存在自体を知らないで過ごしているのかと
思うと、とても残念に思います。

日本歌謡曲

ポップス

ロック

などにはとても知名度で追いつくものではなくとも

せめて、

ボサノバ
ジャズ
フラメンコ
シャンソン
タンゴ
サルサ

あたりまでには、知名度が上がって行けば、もっともっと
この日本でのファドも

自由に表現する人が現れて、
皆さんでいい刺激を与えあいながら
活動することができるようになるのではないか?

と私は日々考えております。

私のチャレンジは

いまだファドを知らない多くの方々に

「ファドってこんなにいい音楽なんですよ」という方向を
なんとか伝えて行きながら

多くの方々に
リスボンに足を運んでいただき、
向こうのファドに触れてほしいなと思います。

しかしいろいろな事情で
あちらまで行けない方も多いと思います。

なので、私に出来ることをしていきたいと思っています。

私は偶然にファドに出会った一人です。

このミッションをつたえるためにファドを歌いたいという気持ちです。

もちろん歌うことが大好きです。
歌っている時間だけは

心の自由を得られるからです。

みなさんにも心の自由を与えていける存在になれたらと
声、歌を通して一生のミッションとして
頑張りたいと思います。
[PR]
by machafado | 2014-07-21 11:39 | ファドへの想い