ポルトガルの首都リスボンで200年前に生まれた大衆音楽ファドを日本とリスボンで活動するファディスタMACHAKO(浅井雅子)が楽しく紹介します。浅井雅子のウェブサイトはこちら。http://www.machakocanta.com/


by MACHAKO

カテゴリ:ファドへの想い( 61 )

こんばんばファド歌手の浅井雅子です。

ファドを歌う人をファド歌手というのでしょうが、
私はただそれだけにとどまらない活動をしたい人です。

今日はとっても意味のあるミーティングをしてきました。
今まで自分が出来てなかったことを一つ一つ確認していきながら
将来に向けての作業開始です。

私は、(もうすでになっているけど)
「ファド歌手」になって
これから先、
今までに
「誰も達成しえなかったことを達成したい」と思っています。

ただ
そのファド歌手という
職業の範囲を
現存のものから
もっともっと広げて
生きて行きたい。

「歌を歌う」
「ファドやポルトガルを広める」
のは当然ですが、

その
「当然以上の成果を出せる人間」になります。

こういう考えを

「よくばりである」とか
「人間は一つのことしか無理である」とか

いまだに私に言う人もいますが

今やもう、時代はどんどん変わっていて

「やり方次第でいくらでも発展できる方法」
がきっと果てしなくあるのです。

この果てしなく結果を出せるであろう
新しい方法に目を向けて

「お!マチャコやったじゃん!」って
周りにきちんと楽しく報告できる活動をしたいです。

そのお手伝いをしてくださる方に
逢いに行きました。

選んで良かったと思える方でした。
柔軟で若く、行動が早い”(行動の早さと確実性いうのは
ホントに若さにある程度、大きく関係しますね!)

私は自分の欲望の深さや
自分の出生が関係している自分の
根底を作っている血をよーく知っています。

うちは元来商売人の家系ですし
一歩外に目を向けることを難しいと
感じない一家です。

それはもう覆せないものですし
濃いものです。

そう生きていきたいと思っている大事な
自分の底辺だから
誰にも変えることはできません。

今夜から活動を開始します!!



[PR]
by machafado | 2015-08-12 20:24 | ファドへの想い

新規事業!

こんばんはファド歌手の浅井雅子です。
今日は久しぶりのオフでした。
週末から4つのファドライブをしていましたので
ゆっくり休めて良かったです♪

さて、体は休めましたが
心(脳みそ)はまったく休まなかった今日。

私は秋からの新規事業について
進めていました。

新しい活動を開始いたします049.gif

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近凄く考えていることがあります。

ファドという音楽をもっともっと知ってもらいたいけれど
ファドをうたっている活動だけでは、
いや、もっと広げて言うならば
ポルトガル関連のことだけ頑張っていても

広がらないのではないかと。

真の伝道師になるために必要なことって
それだけじゃあないよね。
と。

そのあたりに気が付いて
自分なりに活動をしてきたことが
実を結んで、

10月より新しい活動を開始することになりました。

名付けて
「ファド・出雲の阿国計画」(仮)

女歌舞伎を日本で初めて作り上げた阿国のように、
たった一人でもできることを探して
旅に出ようと思っています。

受け入れ先は今から探します。

出来る限り
日本全国をくまなく動こうと思います。

今日いくつかの計画が
決まりました。

やる気になると早いんです。

転んでも転んでも
前に前に前に進む。

自分でも驚いてしまうのですが
若いころよりも今のほうが

やる気がある人間なんです。

日々、新しいことを考えて
アイデアを形にすることが楽しくてしょうがない。

今日も多くの方々とやりとりをして
新しい方法が生まれました。

既存のものって誰かのもの。

それはあとからやっても
同じように見えてしまいます。

でも
本当に新しいことをやるんだから

新鮮でたまりません。

私のチャレンジャー精神のゆくえを
このブログでしかと確認くださいね。

ではでは。




[PR]
by machafado | 2015-07-16 00:52 | ファドへの想い
こんにちはファド歌手の浅井雅子です。

ファドが好きで、歌が好き。
毎日、その瞬間瞬間、

心を歌に向けて生きています。
そんな私が思うただ一つの日本でのファド歌手の条件、それは

リスボンのファドの家で大勢のファド歌手がやっていることを


たった一人でやる力。です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リスボンでファドのお店に行った方はご存じのとおり、
リスボンのファドの現場は
2~3曲のファドを歌ったら
次の歌手に交代していきます。

それがそちらのやり方で
さらには見ている人を飽きさせることなく

男性
女性
若い歌手
熟年の歌手

という具合に進んでいきます。

でもここ日本では
それはできません。

できないのにはわけがあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リスボン

そのファドが生まれた土地
ポルトガル人
ポルトガルの空気

その空間だからこそ、
なんの説明もいらない
そこに
ファドがあればいいんです。

しかしここは日本です。

演奏者も
場所柄も
全く違います。

ファドを歌う歌手は
日本人です。

私は今までいろいろな方法で
たった一人でライブを

おそらくこの7年間に
ファドだけでも400回以上、いや
500回?くらいは各所で歌ってきていますが

わかることがあります。

たった一人でそれだけ歌ったからわかるのです。

何人も集まっても無理です。
絶対にその空気は日本人には出せません

その
リスボンの空間は。



だったら日本ではファドをどうやるのか

それに対して答えは一つ。

「一人でやりきってみせる」
という

「覚悟を持つ」ことです。


声がでなかろうと
体調が悪かろうとそんなこと関係ありません。

今ここにあるファドを
一人で作り上げて魅せるという

たった一つの覚悟です。

それは歌が上手いなんてことで
フォローされる世界ではありません。(きっぱり)

経験でも
経歴でも
実績でもないんです。

ただひとつ

それは覚悟です。

おもしろいじゃないの。


ファドは歌を聴いてもらうということ以上に
歌手の個性の爆発する現場になります。

ボサノバやジャズのように

雰囲気や発音、そして場所のイメージで
歌が気持ちよく聞けるわけじゃありません。

訴える様なその歌唱方法から
一体お客様に何が伝わるか?と考えます。


何が伝わるか。
それは間違いなく
「その歌い手のすべて」だと思っています。

なにも素晴らしい自分を演出する必要もまったくありません。

そのままでいいのです。

でも

そのままが日本人には苦手なんです。
だから「作り上げ」ます。

自分というファド歌手に

なりきります。

・・・・・

私はそれが嫌なのです。
気持ちが悪い”””


だって私は日本人です。

ポルトガルで生まれたわけでもなく
何年も生活したわけでもありません。

いや、はっきり言えばです。

何年もそこに住んだとて
そこで生まれて
生活をずうっとしてきた人の
持つ空気を出すことは出来ないのです。

作り上げる
成りきる

今は、もうそんなことで勝負している場合ではない。

「裸の自分」で勝負したいです。


私は覚悟があります。
舞台で裸になる覚悟です。

いつも
何をそんなに戦ってるの?
もっと穏やかに生きたら?

等と言われますが

そういう音楽じゃないのです。
そんな雰囲気の音楽をやりたいんじゃないの

だからファドを歌ってる。

魂、それは
どこの国にもあるもので
ポルトガル人の魂と
日本人は違います。

私はポルトガル人になりません。
なれないじゃなくて

なりたくないんです。


私の魂はたった一つ、常に
歌に自分に戦い続けていきたいその気持ち一つです。


最近、フラメンコに触れてなお、さらに

魂から歌うという意味を
痛感しています。

自分にはこれしかない。
これで生きていくしかない。

これが自分の生き様なのだ。と

そういう声を持つ人が
日本でも出てきました

素晴らしいことです。


わたしが求めているのはそういうことで

成りきることではないのです。

成りきって歌ってもつのはしばらくだと思います。

ほんの一部の
そういうことが好きな方々はいるでしょう。

けれど本物はそこを見ていません。
形ではなく

魂は

形なんかじゃないところにある。

本人の心次第。

音楽は厳しい。
だからこそ、面白く

チャレンジし続けたい。

私はファドでチャレンジしたい。




[PR]
by machafado | 2015-07-08 13:34 | ファドへの想い

学ぶ。

こんばんは、先日のブログはマイナスなことを書いてしまいました。
なかなか難しい問題が生きてると起きます。

ただ、昨日の出来事は
その以前の自分にとってマイナスな心になりそうだったのを
一掃するような清々しい出来事でした!!!


昨日私は、とある場所で音合わせを
なんと6時間もやりました。

久しぶりに
とことん、あわせて、
感じたこと。

やっぱり音楽に熱いハートがある人と
一緒にいるのが一番だ。

私はこれからまだまだ踏ん張っていかねばなりません。
井の中の蛙で終わりたくないですし、
色々な方とコラボレーションして
いいものを造らなくては!!!

音楽でもなんでもそうですが
新しい人や場所やものを受け入れて
広げていく精神が必要なんです。

なぜかというと
生き生きした表情で
生きるためです。

生き生きした表情の人の周りには
そういう人が集まります。

この現象は今まで生きてきて
本当に感じています。

広げて
愉しみ
仲間をつなげる。
そんな活動をしたい。

昨日はまさに肌で学んだ一日でした。


[PR]
by machafado | 2015-06-11 22:14 | ファドへの想い
f0333584_20024920.jpg

今日はマヌエルカーザデファドさんでのライブ、
とても盛り上がりアンコールもいただき、
皆さん楽しんで
笑ってくれて
歌ってくれ、
手拍子で演奏を上げてくれ
本当に一体感があるいい内容になったのでした。。。
(今日は写真が取れなくてこれは別の場所の写真です。)

回を重ねるごとに
この3人も息があってきて、
演奏直前まで
ふざけたことを控え室で話して
リラックスしているので
お客様にも、そういうリラックスした
空気や雰囲気が伝わることと
思いました。。。

今日は初めて会うお客様たちに多く交流でき、
我々もとっても新鮮な気持ちで一杯でした。

日本語に訳したファドがやはりというか、、、
最近は人気です。
今日は多目に3曲を半分日本語にしました。

最後にジュリアフロリシュタでは、
思い切り踊りながら歌い。
皆さん本気で手拍子で盛り上がり
サルサライブのような雰囲気に。

あーーー、熱いファドってこういうのだ!と
感じてくれたかなと。

やはり
静寂だけじゃ足りないんです!

人間は色んな感情を持っているのだから。
癒し
静寂
熱さ
爆発

その辺りをこれからも伝えて
ファドは静かなだけじゃないと

喜怒哀楽すべてを飲み込む
歌だと、歌いたいです。

難船 オジェンテなど
しっとりした曲は
また別の一体感がお店にありました。
皆さん反応が素晴らしかった。
歌も一緒にたくさん歌ってくれました。
現地での話には大爆笑もおきました。

こういうのがいい。
こういうのがライブ。書いてくださったアンケートには

やっぱりライブはいい。
と一言で言い表してくれた方や

お友だちにも幅広く宣伝します!と
書いてくださった方も。。。

7月マヌエルは大人の雰囲気で夜ファド、木村純さん(≧∇≦)
嶌田憲二さんとのトリオです。

またこの3人では、秋以降に出演いたします!



[PR]
by machafado | 2015-05-24 20:03 | ファドへの想い

思いがけず、今日は
久し振りに「なぜファドを歌おうと思ったんですか?」
という質問をされまして

懐かしく2007年のことを思い出しました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あのころから変わっていないのは
一曲一曲への気持ち。

いま、むしろ
あの頃よりもずうっと言葉がわかるようになって、
ますます、丁寧に研ぎ澄まされた歌を歌いたいなぁと思っています。

発音が大事というのはわかりますが、

一番心に来る場所と言うのは
そこではなくて。。。。

本当に言葉で説明できない
音と音の合間を埋めている声の響きだなぁと私は思っていて

また。その音と音の合間を埋めている声というのを
持っている人の歌は、
ファドであろうが演歌であろうが、
心にびしっと、入って、

心の隙間もその声で埋めてくれるのです。

だから癒されたり、
心がかきむしられたりという真逆も起きる。

「痛い」という言葉だって、
言う人歌う人によって

聞いてるほうまで痛い気持ちがしてくるという効果は違うものになる。

今朝私は寝起きに一発甲高い雄叫びを上げて起きたらしいのですが。

自分に向かってくる「熱い球」があって、
ものすごいスピードで、
よけられなくて
触ってはいけなくて
だったら
と思い。

でっかい声で撃沈しちゃろ~~~と
早朝から
「あ~~~~~~~~~~~っ」っと叫んでしまいました。

それから出かける際中にはずうっと
フラメンコのサリーダ(歌いだし)やら
ティエントの歌詞を思い描いて

気持ちなんてたったの4行の短い詩でこんなに伝わるのに、
どうして人間は長々と説明し、自ら語らないとすまないのだろうと
朝から考えすぎて

とっても疲れました。

リスボンの坂をビール片手に駆け下りて
スッキリ汗かいて、さんぽしたいです。


[PR]
by machafado | 2015-05-18 23:18 | ファドへの想い
f0333584_00491476.jpg
こんばんは、ファド歌手の浅井雅子です。
このGWの後半、明日から私は

立川フラメンコに踊りで参加します!

http://e-ttm.co.jp/flamenco/index.html

今年に入ってから結構まじめにやってきた
セビジャーナスを1番から4番までとにかく必死に覚えました。

明日から2日間で体に染み込ませてまいります。

こんな衣装でいますので立川フラメンコに来られたら探してね!(笑)、
f0333584_00491257.jpg

[PR]
by machafado | 2015-05-05 00:55 | ファドへの想い

今日という日

今日という日は皆さん、
それぞれに思いをもって過ごすのでしょう。

4年前の当日は、一人で部屋にいた私です。

あれから色々あって
変わったことも
変わらないことも

変わったことは当然のごとく変わるもので、
変わらないことは
善きにせよ、あしきにせよ。

意味があるのだと自分は思っています。

一人で部屋にいた私が思ったことは
このまま一人でここで、、、、は嫌だ!
という強い思いでした。

それはいまも変わりません。

身近な人や
大事な人への思いを大切にもって
生きることが大事だと思います。

私にとってのこの日は、
あの日、私を心配し連絡をくれた方々の
顔を、ありがとう、と思い出す日なのです。

みんなまず、
身近な人を大事にしていきたいですよね。。。。

この気持ちがしっかりとあったら
多くの問題や事件は起きないと思います。

この気持ちが薄くなると、大きな事件や問題が起きます。
当たり前だけど。そうなんですよね。。。

そして4年たち

今日の私は
新しいチャレンジに向けての一歩を踏み出す日です。

考え方が最近、一点集中しすぎていました。
熱中し
なんとしても、とひどい頑固になる。

もっと自由に頭を動かしたいなと思います。

もしかしたら
もしかして

今年は過ごし方がガラッと
変わるかもしれません。

予想しない方向も大いにあり得ますが

何よりも
刺激を与える生活を自分にあげていかないと

リフレッシュしません。

いい歌を歌うためには
刺激とリフレッシュ、
そしていい空間にいること。

いい空間にいることを
とっても大事にしたい
私です。

自分の投稿には
私という文字が踊ります。

本当に最近は思うのですが
回りで起きていることを変えていく、
変えていこうとすることって

凄く大変。

自分が変わり
自分が動くことでしか
変わらないことに

目を向けてます。


[PR]
by machafado | 2015-03-11 11:16 | ファドへの想い

少しずつ

一曲かける練習時間たるや、、、、
物凄く時間がかかる。

7年前に歌い始めた最初の方に選んだファドを
最近の録音で聞くと、まったくもってよくわかる。

昔はファドを50曲は当然に出来るようになろうと思ってたけどとんでもないことだ。と知る。

最近まったく歌ってないものなどは、本当に聞けない歌になってる。

風邪がちゃんと治ったら
ポルトガル語の先生にすべてにおいてチェックしてもらおうと
今日は決意しました。

それだけじゃなくて
今、本当にこれから自分がちゃんとやらねば死ねないな、っ思うことがわかってきて。

今やれないと思うものは、きっぱりと今は諦めて行くと決めました。

数年前に大事な人から言われた言葉の通りになってるけど。
予言されたんじゃない。

私はとっても
似ているんだと思うんだ。。。。。

それでも、
自分が決めたことだし
今は、これを達成したいと心に決めたから
足りないところをいっぱい学んで
底辺から0から学ぶことを大切に
歌に向かおうと思う。

一曲にかける練習時間。

わたしだけじゃない。
ギターさんもピアノさんも
ファドをやってくれている仲間たちは
もっともっと大変。

自分が先頭を切らねばならないことは、やりとげたい。

土曜日のジョルジュの録音を聞いて、
この3年間歌いまくった
闘牛士のファドがものすごい変化を遂げたことを知りました。

これは私一人の力ではない。。。
仲間が本当に一緒に作っていってくれたものなのだ。。。。

大好きな曲が
この日本で出来上がっていく。

これだけでも感動出来ている自分がいる。

向こうの大歌手、レニータジェンティルと約束したことを
少し、果たしている。

大きな約束だけど
大きな目標は
大きな人がくれた。

大きなものを目標において
地道に自分を鍛えて行けば少しずつ叶う。


[PR]
by machafado | 2015-03-05 00:57 | ファドへの想い

みんなの楽しさを分けたいです♪
音楽を楽しむ姿をお楽しみくださいね。


[PR]
by machafado | 2015-02-27 00:21 | ファドへの想い