ポルトガルの首都リスボンで200年前に生まれた大衆音楽ファドを日本とリスボンで活動するファディスタMACHAKO(浅井雅子)が楽しく紹介します。浅井雅子のウェブサイトはこちら。http://www.machakocanta.com/


by MACHAKO

カテゴリ:未分類( 82 )

こんにちは!

浅井雅子の公式ブログは
「浅井雅子の毎日チャレンジ」としてリニューアルいたします。

ぜひこちらのリンクから遊びに来てくださいね。


なおこちらのブログには
ときどき、ファドの動画を載せていく予定でいますが
新しいほうでもファドのことはたくさん語っていくので、
お楽しみにしてください。

新しいほうが構築し終わったら
こちらのブログは徐々に閉鎖をしますので、
またお知らせします。

今後ともよろしくお願いいたします。


[PR]
by machafado | 2016-02-15 18:10


雪はどこに行ってしまったのでしょう。これから降るのかな???
さて今日は、清瀬市からほど近い、「しおん保育園」の「はこぶね館」にて
ファドライブです。

保育園でファド?と多くの方に言われたんですが
私は今こそ、そういう「え??そこでファド?」さえも
うまく行くようにしていきたいと考える人。

だって絶対に「空気」がいい場所のはずだし(実際行ってます)
その保育園は本当に楽しい園でして、さまざま工夫をされてきている
ライブ会場でもあるのです。毎月、園の中にあるチャペルでもクラシックの
コンサートを
やっています。
今回はお酒が出るので、私たちのファドは教会内ではできないのですが(残念)。

今日は満席です。そしてお子さんを連れてくる方もいらっしゃるようです♪(託児つきです)

最近自分の文章はまじめすぎると自分でも思い
「面白くないな」と冷静に感じますが、
それくらいまぁ毎日色々と考えまくります。
悩みます。
でも悩んだ先には

「必ず答えがあるな」とも思えてきています。

なので、時間がある方はこのあとも読んでくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ちなみにこの2つを考えました

・超美味しいものを出す!からと言って、流行るわけじゃない。

・超演奏がうまい!からといってお客さんが来るという図式もない。

自然にうまく行く流れにはそれだけではないものが存在していると思えています。

答えは、自分の中では

「空気」です。

空気は人が運ぶものです。
その場所が生み出していくもので
沁みこんでいくものです。

じわじわと壁際から漂ってくる
「それまでそこにいた人たち」の空気。
これは消せないもの。

でね。

最近凄く思うのが

「はい、イチゲンさんお断りだよ!」的な

「◎◎好きじゃないなら対応は軽い」みたいな経験ってないですか?
だけど
「◎◎好きだけは居心地がいい」

というような・・・・
それでその空気が場所に作られてしまうのです。

要は、
「それ以上広がらない」んですよね。

以前、私もそういう経験を激しく感じたことがあり、
「ひどいな~~~」と思っていたところ(一緒に行った人も怒ってしまいました)

その後すぐに

「まったく違う駅の
まったく違うお店にいた方」から

ひょんなことでそのお店の評判を聞くことになり(その人は問題の店の
そばに住んでいて何回か行ったことがあるそうです)
その方もそのお店の対応には、憤慨していました。

「店主の機嫌が店に出てる!」「常連ひいきすぎ」と。

でも!

○○が好きな人にとっては
最高なお店なわけです。

つまり
そういう図式でしか、存在できないのです。

私も色んなお店に出入りするので
店主が一人で切り盛りというのは
よくあります。

「本当に忙しいときは仕方がない」ものです。
それはお客も
「気を使って注文などしないとならない」でしょう。
そこはね。

でも、そうじゃないのに、
その応対??というのが、実際は・・・・
この日本、おもてなしの日本でも、ありますよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は今、とあるお店とかなり関わっていまして
それは10年以上、新宿で経営されている結構有名な
お店です。

そこはね、

「たくさんの数の常連さんがいる」んですけども。

その常連さんにもちろん「目に見えるような
ひいき」はする!見ていてもわかるんです。

だけどね。
新しいお客さんにも
「ものすごく手厚い応対をする」ところで。

「いい空気が流れている」んですね♡

正直、どんな人が行っても居心地がよいのです。
やっぱりホールに出る人も
その店の主人も人柄とか、そのほかの大事なことが無いと
今後は続かないだろうと感じますよ・・・・・

このフレーズは今後とっても大事なフレーズになると思います。

人が集まるというのは、つまりそういうことだと思います。
(集まってほしくないという場合もあるのでしょうから、
何とも言えませんけど・・・・)

でも私は、楽しく集まれる場所が好きだなぁ。



[PR]
by machafado | 2016-01-30 11:13
リスボンの中心地
ロシオ広場にある超有名なカフェ
「スイサ」にてファドの演奏が今後あるようです。

http://www.casasuica.pt/index.html

ここは、東京で言ったら
「じゃあ渋谷のハチ公の前で待ち合わせね!」

くらいに有名な場所。
要は、観光客のメッカですね。

さきほど、知り合いのリスボンのギタリスタから
「来月ここで演奏するんだけどマチャコもおいで歌って!」
とメールが。

「残念ながら今は日本にいるのよ」
と返すと

「ポルトガルでのキャリアをいろいろ積むためにも
ここにも連れて行く」という返事が。
色々な意味で、ありがたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私はリスボンはいろいろなお店で今まで歌ってきましたが
こういう場所は初めてです(つまり観光の人たちがあまりにも多いと思われる場所)。

案外考えてみたらディープなお店で歌っていたのだなぁと思いました。
(ポルトガル人やファドが大好きな人ばかりが集まるような・・・)

でも今の自分だったらむしろこういう
公共の場的な場所でも歌ってみたい気持ちはあります。(きっぱり)

どんな場所であったとしても
似合うファドがあると思いますから。

「こういう状況じゃなかったら歌わない。」
というのは
私にはありません。(もちろん、自分なりの好みはあってもです)

すべては
チャレンジです。

もちろんリスボンにはたくさんの
ファドのお店があって。

ファドが大好きな人がたくさん集まる
ディープなところも
観光客がいっぱいで
あんまり演奏を聴かないようなところも
はたまた、マニアしか入れないようなところも

たくさん
たくさん
あると思うんですが。

私は
「スイサでうっかり昼間に聴いたファドが案外よかったから
夜も聞きに行ってみようか?」率の高さも
案外あるのでは?全体的に考えたらある。と思うのです。


やっぱり
「好きなものをきちんと調べて
それに向かって準備万端で聴きに行」くのも
当然あるけど。


スイサのようないわば、誰もが知ってて
誰もが待ち合わせる
そんな場所でファドだって全然いいと思うんです。

ハチ公前で歌うようなものです。


そこに似合う
暗闇ではない
ファドが選べばあると思います。


「ファドが先にイメージから作られてしまう」
っていうのはやむを得ないですが。

「そうではない場所から生まれて
それを聞いて好きになってしまう」とか。

先にイメージをがっちりと作られてしまうだけじゃなく。

そういう
広い眼での演奏場所

日本でももっともっと
あるんじゃないかな。


~MACHAKOはさまざまに情報発信をしていくファド歌手です~

浅井雅子facebook  https://www.facebook.com/masako.asai1 友人申請お待ちしてます。
浅井雅子 website  http://www.machakocanta.com/ リニューアルしました。
浅井雅子 twitter  https://twitter.com/machafado フォローお待ちしてます。
浅井雅子 葉加瀬太郎氏との対談はこちらです。https://www.youtube.com/watch?v=MvGGX5BExyA#t=559
浅井雅子 メルマガ「人生はサウダーデ」はこちらから登録ください(10月より週に一回発行再開します)
http://www.mag2.com/m/0001618508.html



ブログランキングに応援クリックをお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ ポルトガル旅行へ
にほんブログ村


[PR]
by machafado | 2016-01-09 17:38
浅井雅子(MACHAKO)のウェブサイトをさらに改良中でございます。
だんだんとコンテンツが充実楽しくなっていますので
良かったら覗いてくださいね016.gif

http://www.machakocanta.com/

今後はポルトガルの数々の情報を楽しくアップします。

さて

私の名前の表記ですが、
今後は
「浅井雅子(MACHAKO)」に統一していくつもりですので

MACHAKOのみを発見した場合は、紛らわしいことになり申し訳ございません。
でも、一応検索でMACHAKOのみでも
わたしが一番出てくるようです?のでそこはご安心を。。。

今週も頑張っていきたいと思います。

~MACHAKOはさまざまに情報発信をしていくファド歌手です~

浅井雅子facebook  https://www.facebook.com/masako.asai1 友人申請お待ちしてます。
浅井雅子 website  http://www.machakocanta.com/ リニューアルしました。
浅井雅子 twitter  https://twitter.com/machafado フォローお待ちしてます。
浅井雅子 葉加瀬太郎氏との対談はこちらです。https://www.youtube.com/watch?v=MvGGX5BExyA#t=559
浅井雅子 メルマガ「人生はサウダーデ」はこちらから登録ください(10月より週に一回発行再開します)
http://www.mag2.com/m/0001618508.html


ブログランキングに応援クリックをお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ ポルトガル旅行へ
にほんブログ村



[PR]
by machafado | 2015-12-14 08:57
106歳で亡くなるまで、現役最高齢監督をまっとうした
ポルトガルの監督 
マノエルドオリヴェイラ監督作品。

http://www.crest-inter.co.jp/angelica/

「アンジェリカの微笑み」

わたしもじっくりと見に行く予定です!
皆様もぜひ053.gif



[PR]
by machafado | 2015-12-01 23:59
f0333584_22325786.jpeg
こちらで日々たくさん歌っております。
ファド歌手の浅井雅子です。

ポルトガル人のアフシオナードさんに連れられ
1日になんと数々のお店で12曲ほど歌っています。

f0333584_22325786.jpeg
f0333584_22341312.jpeg

[PR]
by machafado | 2015-09-29 22:38
こんばんはファド歌手の浅井雅子です。
新HPはこちらです
http://www.machakocanta.com/

いよいよ18日、19日は
ファドの本場、リスボンのアルファマ地区でのファド祭り

Festival caixa Alfama です!

これすごいお祭りなんですよ。
2日間でなんと40人以上の
リスボンで活躍中の有名なファディスタが
見放題なんです!

そのHPはこちらです


http://caixaalfama.pt/o-festival/

でも
全部ポルトガル語ですけどね(汗)

ただしこのお祭り、絶対に行く価値ありありです。
だって、普通にバイロアルトや、アルファマをどれだけ
探したって見れない

名ファド歌手の歌唱を聴くことができちゃうんですからね053.gif

実はまだ私も細かいチェックはしていないものの
絶対にみたいなと思うのは

ジョアナアメドエイラ
http://caixaalfama.pt/artistas/joana-amendoeira/

クーカロゼタ
http://caixaalfama.pt/artistas/cuca-roseta/

特にクーカさんのこの動画とっても気になるわ~~~♪ぜひ見てくださいっ。これ演奏しないかしら??

https://www.youtube.com/watch?v=d9J607iiwwc#t=83
軽やかなネオファド。気持ちいいです!

18日、19日はお友達と一緒にたくさん回る予定です。

リスボンの様子は、こちらのブログよりも
facebookにあげていく予定なので
今のうちに私のタイムラインをチェックしておいてくださいね。

お友達申請はお気軽にどうぞ!
https://www.facebook.com/masako.asai1






[PR]
by machafado | 2015-09-08 19:02
ファド歌手浅井雅子のウェブサイトがこちらになりました。

http://www.machakocanta.com/

マチャコカンタドットコム!

これからも歌街道をまっしぐらで参ります。

ファド、ポルトガル以外にたくさんの発信をしていくので
是非ぜひよろしくお願いします!!!

[PR]
by machafado | 2015-09-07 01:20

夏の終わり

もう涼しくなってきてしまいとってもさみしいですね。

今日は私は休日でして、
浅草サンバカーニバルに行ってきました!

大好きなサンバ仲間がたくさん出ているので
応援に行っています。
今年で4年目の応援団です049.gif

浅草サンバは歴史もあって、参加者も
応援団もたくさんで本当に愛あるイベントだと思います。

見に行く前まで、あんまり実はいい印象を持っていなかったんですよね。

だけど4年前に初めてみて、
みなさんがホントに団結して
一つのテーマを届けている姿に
感動しました。

それからずうっと見続けています。

世の中には
食わず嫌いというものが存在してて
思い込みだけで
「これは嫌い」
「これは好き」
とか
あと人に言われて思い込まされることも多々ありますよね。

それってすごくもったいないこと。
もしかしたら自分は好きになるかもしれないものを
おいおい見過ごしている可能性がありますね。

私はファド歌手ですが、
2009年からサンバ
2010年からフラメンコ
この2つの音楽を底辺で始めていて
今は、少しずつですが
これらの音楽も歌手として
現場で歌っております。

サルサに関しては今年で17年目になります。
こちらは今、歌うのをやめています。

生きてると色々な個人的事情があります。

だけど、どの音楽も私は好きなんです。

そして仲間ができると
ファドを知ってももらえます053.gif

日本にはファドミュージシャンが少ないので、
(これからも大量発生はしないと思うが)

わたしなりにいろいろな交流を深めて
ファドを広い音楽の方々に知ってもらいたい気持ちがあります。

もちろん私もその音楽に参加をしているわけです。

サルサ(キューバ)⇔ スペイン(フラメンコ)

サンバ(ブラジル)⇔ ポルトガル(ファド)

という図式にしてみるとわかるのですが、
どちらも歴史の中で行き来があり
奴隷貿易を経て、アフリカのリズムを持ち込んだことにより
さまざまな音楽の交流が起きて

このすべての音楽があるんですよね。

そう考えてみたら広い意味で
音楽って一つだと私は思っています。

ただ、私という人間がどのルーツに一番近いかと
最近冷静に考えているのですが、
おそらく、移動することが大好きで、
一つの場所に長くいられない性質があったり
その他いろいろな性格の面から、

フラメンコを形作ったジプシーの気質に近いというのは
ひそかに感じています。

先祖帰りをしていくように
音楽に触れて、

素敵な仲間とともに
ひとつの世界を作って行けたらと思います。

私はみんなのこと大好きです。




[PR]
by machafado | 2015-08-30 00:48

歌とは

こんばんはファド歌手の浅井雅子です。
ここ最近、数々のライブに足を向けて
色々な人の歌を聴いて
またyoutubeでも研究をしまくっておりました。

私は歌が本当に好きなんだなぁと思わずにいられない毎日です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本物
偽物

なんて誰が決めるのかわからないけど

これだけは言えます。

歌っている姿
その全体像から

声や歌詞
自分が歌を好きだという気持ち

それ以外のものが
発信されている場合があります。

そういうものを見ると
私は

やっぱりこれは違うんじゃないか?
と思うんです。

この感覚、
おかしいと思っていません。

みなさんにとって

本当に心から
聴いて

感動し
涙が出て
どきどきして

心をかきむしられるような歌はなんですか?

声は大事です。
まっすぐに心に入ってくるものが

魂の声だと思います。

声の色で

ああ、この人は

歌を心から歌っているのだ
ということも

ああ、この人は
歌以外のことを歌で発信してるんだ
ということも

わかるから。

それから動きです。
手を一つ差し出す、
その動き一つ。

歌と表情にリンクしていないと
とってつけたものになります。

ダンスも同じです。

なぜその動きになったのか、
なぜその振り付けをしたのか、

聴いている人に

歌とともに
音楽とともに
一致していないで
やるのは

伝わりません。

自己満足で終わるのか

それとも

本気で

たった一人でもいい
その目の前にいる聴き手に
伝えたいことが
はっきりと声によってあると信じ歌うのか。

最後に

「人が良い」
と言ったことを信用してはいけないなと
身に沁みていま思っています。

自分が良いと思ったものが真実です。

そこまで行かない日本人、
多いような気がしませんか?

だから
音楽がどんどんといらないものになっていくのかもしれない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

歌を聴くとき
その声がどこから発信されているか、

それを聞くようになったのは
フラメンコに触れだしてからです。

心から歌っている方がいます。

真似したくても
あとからでは真似できませんよね。
テクニックとか
そんなものではないのです。

テクニック
経歴
一見の印象

ではなく

そこにいる存在感。
そして発信したいものへの
はっきりした意識。

歌はとっても難しい、そして
魅力的です。




[PR]
by machafado | 2015-07-07 23:36