ポルトガルの首都リスボンで200年前に生まれた大衆音楽ファドを日本とリスボンで活動するファディスタMACHAKO(浅井雅子)が楽しく紹介します。浅井雅子のウェブサイトはこちら。http://www.machakocanta.com/


by MACHAKO

素直に感じるということ。

先日のライブで私が
とあるファドを歌ったときのこと。

歌い終わってみてみたら
お客様の一人が涙ぐんでおられた。

後で理由を聞いてみると
大事な人を数年前に亡くされたということ。

そのことを思い出すような歌だったと。

(その方はポルトガル語がわかる方です。)

しかし一緒にいらした方は
ポルトガル語がわからないお客様でした。
そして
「言葉がわからなくても、十分に感情やイメージが伝わるから私は
わからなくてもいい」
とはっきりとおっしゃいました。

私が感じたのは
わかろうとわからなかろうと

どちらにしても
「素直に感じ取ることができるかどうかだけだ」という
ことでした。

人は、少し勉強をしたり
知ったりすると
あたかも

「わかっているかのように」
自分を勘違いします。

でもそんなところに真実はないのだろうと
思います。

つまり
私も自分を支えているのは
まだポルトガル語がわからなかったころに
ポルトガルで聞いた

衝撃的なファド
涙が自然に流れる歌唱
鳥肌がたった歌唱

そんなものしか
8年たって、残ってはいないです。

ただ上手なだけだったら
ごまんといるのです。

でも心に残る歌唱というのは
そんなにあるものではない。
出会えるものでもない。

少しお勉強して
わかったような気になるというのは

実際はそういった
素直な感情にたどり着かずに
斜めから物事を見たりするようになる
部分もあるんじゃないかと

この日のお客様の感想や
表情を見て感じました。

自分自身は、今ポルトガル語も
聴いて少しはその場で歌詞を聞き取れるようになりましたし、
どんなファド歌手がいいかも多少わかります。

けれど
常にまっさらな気持ちを持つことが
本当にいいファドに出会うための
秘訣ではないかと思いました。

私が歌ってお客様が涙した曲は
こちらです。

とっても美しいカルミーニョの声でどうぞ。

https://www.youtube.com/watch?v=eGp3ONf4P8w


~MACHAKOはさまざまに情報発信をしていくファド歌手です~

浅井雅子facebook  https://www.facebook.com/masako.asai1 友人申請お待ちしてます。
浅井雅子 website  http://www.machakocanta.com/ リニューアルしました。
浅井雅子 twitter  https://twitter.com/machafado フォローお待ちしてます。
浅井雅子 葉加瀬太郎氏との対談はこちらです。https://www.youtube.com/watch?v=MvGGX5BExyA#t=559
浅井雅子 メルマガ「人生はサウダーデ」はこちらから登録ください(10月より週に一回発行再開します)
http://www.mag2.com/m/0001618508.html





[PR]
by machafado | 2016-01-23 11:26 | ファドへの想い