ポルトガルの首都リスボンで200年前に生まれた大衆音楽ファドを日本とリスボンで活動するファディスタMACHAKO(浅井雅子)が楽しく紹介します。浅井雅子のウェブサイトはこちら。http://www.machakocanta.com/


by MACHAKO

名曲 ファド動画 「死せるが如く」 アマリアロドリゲス




アマリアロドリゲスならでは、、とうならせる楽曲です。

わたしがこの歌に出会ったのは
2012年のポルトガルでした。

それまでアマリアロドリゲスのCDを持っていても
聞き入ったことがなかったので
頭の片隅にもなかったこの歌。

なぜ

突然自分の中で大切な一曲になったのかをお話ししましょう。

すべては出会いです。

ファド、それは

「たった一人で出会うもの」です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一人の若いファド歌手 デボラロドリゲス。

彼女がこの歌をバイロアルトのお店で歌い始めたのです。

その歌声のひだに

私の肌にうっすらと浮かぶものがありました。

リスボンでファドを聞いていてもそこまで
鳥肌と言われる様なものが発生するほどの
歌声にそうそう出会えません。

歌い終わった彼女に
「素晴らしかった」と話しかけて

彼女と私はfbでつながることができました。

実は、その時となりにブラジル人の女性が2人いたのですが
その2人とも

鳥肌が立った。と言っていたのです。本物です。


日本に帰ってから
彼女にメールしました。

「あなたの歌ってた曲で気になるものがある題名がわからない」

わたしたちは、謎解きのように曲名について
あれかこれか?と

ポルトガル語なので、大変です(笑)

彼女が「なにかフレーズか歌詞がないの?」

というので

「クイダーーイ cuidai???」と返した途端です

「それは Cuidei que tinha morridoよ!」と回答が。

「まちゃこ歌ってね!」

それから私の格闘が始まります。

何せこの歌は、非常に難しいのです。
(いろいろな意味で)

以下、私のわたしなりの簡潔な訳となりますが
良かったら読んでくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

川べりに
暗い顔をした人物を見つけた
青白く暗いその顔

私は鏡のような川にそれを映しながら
みとめた。

けれど
今は思う

あれは私ではなかったのか、、、、と

恋人よ
どうか教えてほしい
次に私を抱くときに

あれは君だったよと。

私は死んでいたのかもしれない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の中では
この歌の表現をそのまま受け取ることができません。

書かれていないもっともっと深い

彼女のその恋人への葛藤を
感じるからです。

その恋人は、
きっと包容力があるけれど
おそろしく冷たい男です。

勝手なのかもしれませんが
わたしにはそう感じられるのです。

だから

自分の死を持って
彼に最後の賭けをする。

死ぬほどの想いを

ファドに乗せて

愛情なのかもわからない
その男への思慕を

暗い川べりにたたずんで
彼女は薄暗い川面にみつけたのでしょう。

彼女の見たものこそが

暗闇の中に生きている自分の想い

深い思慕

死ぬほどの想い

それが何かを心が悟ったのでしょう。


~MACHAKOはさまざまに情報発信をしていくファド歌手です~

浅井雅子facebook  https://www.facebook.com/masako.asai1 友人申請お待ちしてます。
浅井雅子 website  http://www.machakocanta.com/ リニューアルしました。
浅井雅子 twitter  https://twitter.com/machafado フォローお待ちしてます。
浅井雅子 葉加瀬太郎氏との対談はこちらです。https://www.youtube.com/watch?v=MvGGX5BExyA#t=559
浅井雅子 メルマガ「人生はサウダーデ」はこちらから登録ください(10月より週に一回発行再開します)
http://www.mag2.com/m/0001618508.html


ブログランキングに応援クリックをお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ ポルトガル旅行へ
にほんブログ村


[PR]
by machafado | 2015-12-02 09:33 | ファド動画 youtube