ポルトガルの首都リスボンで200年前に生まれた大衆音楽ファドを日本とリスボンで活動するファディスタMACHAKO(浅井雅子)が楽しく紹介します。浅井雅子のウェブサイトはこちら。http://www.machakocanta.com/


by MACHAKO

ファドの魂について

恐れ多くて
「ポルトガル人の魂」という言葉を簡単に言えない私です。

実はファドを始めたころにこんなことをまったく考えていませんでした。

でも今はわかります。
ファドの魂は間違いなくポルトガル人だけのものだと。

けれど日本人のわたしにも消せない炎がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は2007年、衝撃的な事件とともにファドを歌い始めましたので(それはファドそのものに出会ったことではなくてまったく違うことです)

ただ毎日、ひたすらに
ファドに救いを求めていたのかもしれないです。

「これを歌いこなせるようになれたなら自分の心もいつかは
救われるのではないか」というようなせっぱつまった感情で毎日一杯でした。

苦しかったけど、精一杯を生きていた時代です。

(・・・今とは少し違います)

聞くところによると
この時の私のような心境に近いところでファドに出会い
歌い始めた方がいるように思えます。

けれど、この感情がおさまるころになると
「歌わなくてもいられるようになるとかならない」とか・・・・・

私はおさまっても歌いたい人間だったようですね。
いまだに

情熱の炎は消えません。
むしろそのころとは違う意味で

8年目の今、

私の魂が燃えております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の心の奥底には

サウダーデと呼んでは、いいかどうかわからないですが
それに近いものが巣くっています。

おそらく小さいとき、
おそらく生まれる前、

とても古いときからです。

子どものころから
押さえられない感情をどうしてよいかわからず
そのパワーをどこに出していいかわからず

どこかしらで
冷めた悲しい目をしていました。(と言われます)

普段の私を知っている人は
「まちゃこさんは快活な行動派」
「元気で明るい」と言いますが

良く私を知っている人は、決してそうは言いません。

特に私の親は、そういいません。

お前は小さいころから悲しそうだった。
哀愁ある目をしてどこか遠くをいつも見てた。

と言われて育ちましたし。

そこには小さいころの体験で、
消しても消せないものがあるからだと思うこともあります。

決して恵まれない環境で育ったわけではありませんが
私の幼児体験の中では、忘れることのできないとある事件があり、

生と死を常に見つめていたのだと思います。

大人になってからもどこかでそれを持ち、
消して捨てられないものとして心にあるのです。

「叫びたかったけど叫ばなかったから」かもしれません。

それを、ファドに出会って

「あ、叫んでいいんだ」と素直に思えたのが
私のファドとの偶然の出会いでした。

偶然はわたしをたった一人で
見知らぬ国、ポルトガルへ向かわせ

現地で誰一人知り合いもいないなか
たった一人で

ファドを歌い始めた。


「私のファドへの魂」は、私にはこうしてしっかり宿っています。

あなたにも宿ることがあるかもしれません。

大切にしていけば、
ファドが心から自分を受け入れてくれるようになります。

一曲一曲が宝物になるころ

癒しが訪れ
そしてそれとまた別に
現実では厳しい人生が生まれていく

その繰り返しの中で

ファドがどれだけ自分にとって大切であるかを
しみじみと思うとき

幸せだなと、感じています。



~MACHAKOはさまざまに情報発信をしていくファド歌手です~

浅井雅子facebook  https://www.facebook.com/masako.asai1 友人申請お待ちしてます。
浅井雅子 website  http://www.machakocanta.com/ リニューアルしました。
浅井雅子 twitter  https://twitter.com/machafado フォローお待ちしてます。
浅井雅子 葉加瀬太郎氏との対談はこちらです。https://www.youtube.com/watch?v=MvGGX5BExyA#t=559
浅井雅子 メルマガ「人生はサウダーデ」はこちらから登録ください(10月より週に一回発行再開します)
http://www.mag2.com/m/0001618508.html


ブログランキングに応援クリックをお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ ポルトガル旅行へ
にほんブログ村





[PR]
by machafado | 2015-12-02 00:53 | ファドへの想い