ポルトガルの首都リスボンで200年前に生まれた大衆音楽ファドを日本とリスボンで活動するファディスタMACHAKO(浅井雅子)が楽しく紹介します。浅井雅子のウェブサイトはこちら。http://www.machakocanta.com/


by MACHAKO

日本のファディスタの宿命

こんにちはファド歌手の浅井雅子です。

ファドが好きで、歌が好き。
毎日、その瞬間瞬間、

心を歌に向けて生きています。
そんな私が思うただ一つの日本でのファド歌手の条件、それは

リスボンのファドの家で大勢のファド歌手がやっていることを


たった一人でやる力。です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リスボンでファドのお店に行った方はご存じのとおり、
リスボンのファドの現場は
2~3曲のファドを歌ったら
次の歌手に交代していきます。

それがそちらのやり方で
さらには見ている人を飽きさせることなく

男性
女性
若い歌手
熟年の歌手

という具合に進んでいきます。

でもここ日本では
それはできません。

できないのにはわけがあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リスボン

そのファドが生まれた土地
ポルトガル人
ポルトガルの空気

その空間だからこそ、
なんの説明もいらない
そこに
ファドがあればいいんです。

しかしここは日本です。

演奏者も
場所柄も
全く違います。

ファドを歌う歌手は
日本人です。

私は今までいろいろな方法で
たった一人でライブを

おそらくこの7年間に
ファドだけでも400回以上、いや
500回?くらいは各所で歌ってきていますが

わかることがあります。

たった一人でそれだけ歌ったからわかるのです。

何人も集まっても無理です。
絶対にその空気は日本人には出せません

その
リスボンの空間は。



だったら日本ではファドをどうやるのか

それに対して答えは一つ。

「一人でやりきってみせる」
という

「覚悟を持つ」ことです。


声がでなかろうと
体調が悪かろうとそんなこと関係ありません。

今ここにあるファドを
一人で作り上げて魅せるという

たった一つの覚悟です。

それは歌が上手いなんてことで
フォローされる世界ではありません。(きっぱり)

経験でも
経歴でも
実績でもないんです。

ただひとつ

それは覚悟です。

おもしろいじゃないの。


ファドは歌を聴いてもらうということ以上に
歌手の個性の爆発する現場になります。

ボサノバやジャズのように

雰囲気や発音、そして場所のイメージで
歌が気持ちよく聞けるわけじゃありません。

訴える様なその歌唱方法から
一体お客様に何が伝わるか?と考えます。


何が伝わるか。
それは間違いなく
「その歌い手のすべて」だと思っています。

なにも素晴らしい自分を演出する必要もまったくありません。

そのままでいいのです。

でも

そのままが日本人には苦手なんです。
だから「作り上げ」ます。

自分というファド歌手に

なりきります。

・・・・・

私はそれが嫌なのです。
気持ちが悪い”””


だって私は日本人です。

ポルトガルで生まれたわけでもなく
何年も生活したわけでもありません。

いや、はっきり言えばです。

何年もそこに住んだとて
そこで生まれて
生活をずうっとしてきた人の
持つ空気を出すことは出来ないのです。

作り上げる
成りきる

今は、もうそんなことで勝負している場合ではない。

「裸の自分」で勝負したいです。


私は覚悟があります。
舞台で裸になる覚悟です。

いつも
何をそんなに戦ってるの?
もっと穏やかに生きたら?

等と言われますが

そういう音楽じゃないのです。
そんな雰囲気の音楽をやりたいんじゃないの

だからファドを歌ってる。

魂、それは
どこの国にもあるもので
ポルトガル人の魂と
日本人は違います。

私はポルトガル人になりません。
なれないじゃなくて

なりたくないんです。


私の魂はたった一つ、常に
歌に自分に戦い続けていきたいその気持ち一つです。


最近、フラメンコに触れてなお、さらに

魂から歌うという意味を
痛感しています。

自分にはこれしかない。
これで生きていくしかない。

これが自分の生き様なのだ。と

そういう声を持つ人が
日本でも出てきました

素晴らしいことです。


わたしが求めているのはそういうことで

成りきることではないのです。

成りきって歌ってもつのはしばらくだと思います。

ほんの一部の
そういうことが好きな方々はいるでしょう。

けれど本物はそこを見ていません。
形ではなく

魂は

形なんかじゃないところにある。

本人の心次第。

音楽は厳しい。
だからこそ、面白く

チャレンジし続けたい。

私はファドでチャレンジしたい。




[PR]
by machafado | 2015-07-08 13:34 | ファドへの想い