ポルトガルの首都リスボンで200年前に生まれた大衆音楽ファドを日本とリスボンで活動するファディスタMACHAKO(浅井雅子)が楽しく紹介します。浅井雅子のウェブサイトはこちら。http://www.machakocanta.com/


by MACHAKO

2月22日(日曜)マヌエルカーザデファド ポルトガルギターとフラメンコギターのfado

こんにちはファド歌手の浅井雅子です。
昨日はマヌエルカーザデファドさんでのファドライブでした。

f0333584_11505341.jpg

が・・・
わたくし、なんと2年ぶりに風邪をひいてしまい、
前日まで寝込んで咳が止まらず、
また金曜日までは出ていた声も出なくなるという
完全にアウトな状態。

金曜夜は発熱もあり、2日間まったく眠れず・・・・

先週は初旬から声の変調はわかっていたので、
整体に通い、耳鼻咽喉科でも薬をいただき、
ケアをし続けておりましたが、連日のライブでとうとう
土曜日にダウンしました。

今まで歌手をやってきてここまで声が出ない状態でライブをすることは
なかったです。

しかし、ギタリストさんたちとミーティングをし
この日は
ギターインストを多めの展開で挑むことに。

お客様には事情を説明してからスタート。

ポルトガルギター柴内貴彦さんの音色を生かした
ジャズやボサノバのナンバーを優しくお届けし


フラメンコギターの内山ユウキさんの熱いパッション溢れる演奏でフラメンコのソロギターをお届けしました。
f0333584_11505074.jpg
フラメンコの踊り手である 杉山愛梨さんが飛び入りで素晴らしいパルマを展開してくださいました。
f0333584_11503773.jpg
ユウキさんのアンダルシア グラナダトークが楽しくてお客様みなさん大爆笑という展開に・・・・本当にありがたかったです。

私は、中森明菜さんのような声!でMCをしていたので・・・・

とんでもない悲壮感漂うトークでした(前半は)

ところが!!

後半になって、「Tarde Triste(闘牛場の悲しい午後)」を歌うあたりから
何か、後ろからパワーが得られ!?
血が騒ぎだしました。

なんだったんでしょう。リスボンからのパワーだったのでしょうか?

もともと持っている地声が鳴り響くようになり、
後半を歌い切りました。

結局
Chuva
Saudades do Brasil
Alfama
Tarde Triste
Amor de Mel Amor de Fel
Rosa Branca

最後には、大好きな
それは神様だった(Foi deus)を心をこめて歌い切ることができました。
涙を流してくださったお客様もいらしていました。。。。

いつもは大体生声で14曲以上を歌うので
その半分になってしまいましたが、
その分はギターの美しいインストでお客様も
満足されていたようで、

帰り際に、次回の予約をしてくださる方まで・・・・(涙)

マイクを使用したので本来の私の声ではなかったですが、
今回本当に良かったと思ったのが
「別のユニットでマイクを使うのに慣れていた」ので、
普段はマイクを使わない今回のこの3人でのバランスを自分なりの音量調整ができたことです。

本当にいろいろなことが
経験としてあるだけで、助かるのだなぁと感じました。

またいつも見に来てくださっている方から

「やっぱりまちゃこさんは、ユニットだね。バンドだよ。何人かで
活動しているというその風景が似合う」と言われたり、

「今日はまったく違う声のまちゃこさんで新鮮だった。これもいい!いつもと違う哀愁があった」
と言われたり、

思わぬ発見もありました。

なんでも前向きにとらえる私です。

この3人では次回5月24日にマヌエルに登場します。
ぜひ、次回は生声の私に会いに来てくださいね。

お待ちしております。
f0333584_11505798.jpg



[PR]
by machafado | 2015-02-23 12:06 | ファドへの想い